パンを冷凍したときの賞味期間。冷凍保存の方法と食べ方は?

パンの安売りしているときはまとめ買いできたらなぁ、
と思いますよね。

コストコなどの大きなスーパーでも
ディナーロールなどが人気になっていますが、
いかんせん量が多い。

それでも買いたいときは、
パンを冷凍するという手段があります。

正しくパンを冷凍すれば
かなり長く保存することが出来るんですよ。

スポンサーリンク

パンを冷凍したらどれくらいの期間持つ?

パンを冷凍するといっても、
どれくらいの期間持つのでしょう?

1週間?2週間?

実は冷凍したパンは2、3週間保存することが出来ます。

やり方を間違えると冷凍臭いパンになってしまいますが、
これから紹介するやり方で冷凍してもらえば、
いつでもおいしいパンが食べられるようになります。

パンの冷凍保存期間は2、3週間ですが、
人によっては2ヶ月くらいたったものでも
おいしく食べることが出来たという話もあるんです。

核家族で人数が少ない家庭でも、
パンの大量買いも出来ますし
きちんと消費することが出来ますね。

朝はお米ではなくパン派の人も増えていますから
普段から活用すると古くなったから捨てる
ということもなくなるかもしれません。

パンをおいしく冷凍保存する方法は?

パンを冷凍保存する上で大切なことは、
外気に触れさせないということです。

空気に触れさせないためには
ラップやジップロックなどの
ビニール袋を活用することが一番です。

食べるときのことを考えて、
大きなパンなら小分けに切り分けてから、
パンが潰れない程度に空気を抜き
冷凍庫に入れましょう。

また、冷凍するならパンが古くなる前に
冷凍処理したほうが後でおいしくいただけます。

買ってきてあまりそうだなと思った時点で
冷凍庫に保存するようにしましょう。

カビが生えたりすると手遅れなので、
出来るだけ新しいうちに保存するのが一番です。


スポンサーリンク

冷凍パンのおいしい食べ方

冷凍したパンでもそのままトースターで
焼いてしまってOKです。

少し厚みのあるパンはトースターでそのまま温めるのではなく、
電子レンジで少し温めてからトースターを使うのがおすすめです。

厚みのあるパンだと中まで火が通らず、
外側だけ焦げてしまうことがあります。

そういう時はレンジで30秒ほど温めてから、
トースターにいれて通常通りに焼きましょう。

まとめ

パンの冷凍法を知っておけば、
安売りのときやパンをまとめ買いしたい
という場合のハードルも下げることが出来ますね!

是非活用してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする