まだ間に合う!?新幹線のチケットをGWに使いたいならいつまで?

新幹線チケット

GWもあと2か月を切りました。
新幹線などの鉄道情報も、そろそろチェックしたい頃です。

2017年のGWは土日休みの人は、
少なくとも5連休になる予定ですね。

ワクワクする一方、
この時期はご存知の通りとても混みあいます。
ピーク時には鉄道会社から、
「混雑率100%以上」なんて情報も入りますよね。

心配な人もいるのではないでしょうか?
旅行に行くとなるとほとんどの人が必要になるチケット。

今回は新幹線のチケット入手方法と、
チケットに関する意外な盲点をご紹介します。

スポンサードリンク

新幹線のチケットを予約する方法は?

新幹線のチケットを予約する場合、
予約受付は1か月前からです。

GWまでまだだいぶ時間があるので安心ですね。

新幹線のチケットを予約する方法は、
主に5つあります。
JRの駅窓口、券売機、旅行会社、JRのインターネットからの購入、
そして今は使う機会の減った電話予約です。

1.駅窓口で購入

おそらくほとんどの方が購入したことがある方法です。
駅員さんに出発~到着地までの駅を入力してもらい、
チケットを作ってもらいます。

2.券売機で購入

慣れている人はこちらも楽かもしれません。
自分で画面を操作し、チケットを作る方法です。

乗り換えが沢山あると、
操作が複雑になりますが、「東京~大阪間」など、
比較的わかりやすい駅なら1人での操作も簡単です。

3.旅行会社で購入

旅行会社でプランニングするついでに、
鉄道チケットも一緒に購入したことがある人も、
いるのではないでしょうか?

JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行など、
大手旅行会社では販売されています。

ここで注意したいのが、
大手旅行会社でも端末のないところでは、チケット販売ができません。

そして旅行会社の中でも、
HISは新幹線チケットの販売をしてませんので、ご注意ください。

4.インターネットでの購入

世の中便利になりました。
会員登録をすれば、インターネットからも購入ができます。

もちろんスマホからもできますので、
隙間時間にGWの予定も立てながら、
新幹線チケットも取れてしまいますね。

私は主にインターネットから購入していますが、とても便利です。
支払いはカードのみですので、ご注意下さい。 
えきねっと
https://www.eki-net.com/top/index.html

5.電話予約

最近はあまり使うこともなくなったかと思いますが、
電話予約も可能です。

スポンサードリンク

電話予約サービス
インターネットが主流になっているので、2017年9月30日でサービスは終了です。
https://www.jr-odekake.net/goyoyaku/phone/

意外な落とし穴!新幹線チケット格安ショップは使えない!?

格安チケット
格安ショップで購入した新幹線チケットには、
実は意外な落とし穴があります。

お手元にある新幹線のチケット、GWに利用する予定ですか?
もしかしたらすごーく悲しい事実があります。

確認してみてください。
そのチケットに「回数券」と記載されていませんか??
もし書いてあるとすると、残念ながら今回の旅行では使えません。

疑問に思いますよね?詳しく調べてみました。

新幹線回数券 

ほとんどの格安ショップの場合、
販売しているチケットは株主優待券か回数券のバラ売りです。

回数券は、鉄道の繁忙期となるGW、お盆、
年末年始(4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~翌年1月6日)
は、利用できません。

またもし今後使う予定がなかったとしても、
JRでは払い戻しができません。

未使用の自由席回数券だと、
価値は落ちるかもしれませんが、
購入した店舗で買い取ってくれますが、指定席は残念ながら無効です。

なので、格安チケットを購入する際は、
いつでも使えるものなのか確認したいですね。

まとめ

新幹線チケットを取る場合、
なにか用事がてらという場合は、
窓口や旅行会社で「ついでに取る」のも良いかもしれません。

ただ、GWのチケットです。
確実に早くとりたくてそわそわします(笑)

インターネットでもチケット購入できる世の中なので、
空いた時間に取れたほうが楽かと思います。

私も実際に学び、
インターネットから購入した時は、
「取ってやったぜ!」とドヤ顔でした。
平日でも混み合う車両でしたので、尚更ですね。

そして安いチケットには理由があります。
目的に応じて店員さんにきちんと確認して、チケットを購入しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする