タイヤ交換の目安は?寿命と距離年数、長持ちさせる方法を紹介!

e3d543b1f6e273fb9cc13f8aa3efa237_s

先日カーショップに行ったら
タイヤ交換を勧められました。

そういえば結構乗っているし、
タイヤも劣化しているのかもしれないとおもいつつ、

でもあんまりお金をかけたくないから、
限界まで使い倒したいなー。

(もしかしたらまだ使えるかもしれないし)

って、思いますよね!

自分で確認しないとタイヤ交換する気になれないので
タイヤ交換の目安を調べてまとめてみました!

スポンサードリンク
  

タイヤ交換目安は自分で確認できる!

タイヤ交換の目安として、
大きく関係するのがタイヤの状態です。

まずは、スリップサイン

タイヤを見てみると
タイヤの側面に三角形の図形が描かれていますよね。

これはタイヤ交換の目安となる磨り減り具合が
わかるように付いているんです。

三角形がある位置の延長上、中央の溝で判断します。

新品のタイヤは溝が深く、
ブレーキをかけたときにもしっかり止まることができますが、
車を運転していくうちに段々タイヤが磨り減ってきます。

溝がなくなるとブレーキの効きが悪くなり、
車がすぐには止まれない状態になります。

車が止まれないってとっても危険ですよね。

なので、このスリップサインの溝が1.6mm以下のタイヤは
法律で禁止されています。

新しいタイヤの溝は8mmちょっとなので、
数字で聞いてみると大分磨り減っているなというのがよく分かります。

車検にも通らなくなるので、
そうなったら強制的に交換ですね。

スリップサインが3mm以下になったら交換を考え始めてもいい頃合です。

次にみるべきがタイヤのヒビです。

使用しているうちに経年劣化でゴムの部分がひび割れてきます。

特に強い衝撃を受けたときとか、
大きな段差を越えて車体が弾んでしまったときに
これらのヒビが増えやすいです。

このヒビを放置しておくと
タイヤがバーストしてしまう原因にもなります。

以上の2点を確認して、
状態がまずければすぐにでも交換したほうがいいでしょう。

タイヤの寿命と距離や年数の関係

タイヤはゴムでできているので、
経年劣化していきます。

ノーマルタイヤの平均寿命は4年~5年程度です。

走行距離は一概には言えないのですが、
大体タイヤのすり減りが1mmで5000km走ることができます。

スリップサインの8mmから1.6mmになるまでなら、

5000km × 6.4mm = 32000km

限界までフルに使ったら32000kmまで走れることになりますね。

ただし、使用状況や使用頻度などで、
タイヤの状態にかなりの差がでてきますので、
寿命年数と走行距離についてはあくまで目安です。

実際のタイヤの状態を確認してから交換という形になります。

スポンサードリンク

タイヤをできるだけ長持ちさせる方法

交換目安はタイヤの状態によりますが、
使っている環境やメンテナンスで
タイヤをできるだけ長持ちさせることができます。

タイヤを長持ちさせるには

・荒い運転をしない
・悪路や砂利道は速度を落とす
・タイヤを定期的にローテーションさせる
・タイヤの空気圧を適正に保つ

などが必要です。

荒い運転をしない

急に加速したり、急ブレーキをかけると
それだけでタイヤのすり減りが大きくなります。

一回だけならまだしも、
荒い運転が習慣になってしまっているなら
タイヤのことも考えて直すようにしましょう。

悪路や砂利道は速度を落とす

ガタガタした道や砂利道などで速度を出すと、
タイヤ面に細かい傷ができてしまいます。

ゆっくり走ることでタイヤへの負担を軽減することができますので、
丁寧に運転してください。

タイヤを定期的にローテーションさせる

4つ付いているタイヤの内、
どれもが同じように磨り減っていくわけではありません。

車によって負担のかかりやすい場所があり、
荷物が積んであったりするときも変わってきますよね。

そこで定期的にタイヤをローテーションさせることで、
タイヤの負担を均すことができます。

どこか一つでもスリップサインの基準に達していないと危険ですからね。

ローテーションさせる時期については、
車種によって違うようです。

タイヤの空気圧を適正に保つ

タイヤの空気圧が不足すると、
タイヤが道路に接する面が増えてしまいます。

タイヤの寿命も縮まりますし、
実は燃費にも影響してきます。

これは見た目でわかるので、
タイヤが潰れているようなら
空気圧を調整する必要があります。

ガソリンスタンドでも調整してくれるので、
気になったら聞いてみるといいですよ。

逆に適正値以上の空気圧だと、
タイヤに過度の負担がかかりパンクしやすくなります。

ちなみに空気圧の適正値は
運転席ドアのラベルに記載されています。

まとめ

年数や走行距離は使用状態によってまちまちなので、
タイヤ交換の目安はタイヤの状態が最も重要です。

しっかり確認してダメだったら、
安全のためにちゃんとタイヤ交換しないといけませんね。

私も車を使ってから一度もノーマルタイヤの交換をしたことがありませんが、
ほとんど忘れかけてたくらいです。

大体8年くらいでしょうか。

スイフトを使っていますが使用頻度は高くなく、
冬はスタッドレスタイヤに交換していたから劣化が少なかったようです。

夏タイヤを外していたときもカバーをかけて
劣化しないように気をつけていました。

コレでも結構もったほうみたいです。

うーん、
あきらめて新しいタイヤに交換することにします・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする