もらった花を飾るコツ・花瓶で長持ちさせる方法と保存する加工法

カーネーションの花瓶の写真
切り花は贈り物としていろんな場面で利用されています。

大きなイベントや結婚式、記念日など、自分の大切な人に送る時もありますし、

または自分が貰う側になることもあります。

綺麗な花をもらうと嬉しいですし、気分が上がって幸せな気持ちになれます。

とは言え生きている花ですから、扱いを間違えるととても寿命が短くなってしまいます。

せっかくプレゼントにいただいたお花ですから、できるだけきれいに飾って長持ちさせたいものですよね。

そこで今回は花を飾るコツと長持ちさせる方法などを調べてみました。

スポンサードリンク

もらったお花を見栄え良く飾るコツ

切り花をもらっていざ飾ろうと言う時にどのように飾りますか。

瓶に水を入れてそこにお花を挿すだけでもいいですが、ちょっとだけ飾るときに気をつけてみると見栄えがよくなりますよ。

花瓶に飾る

花を見栄えよく飾るには花束の大きさに合わせて花瓶を選びます。

できれば花を際立たせるために無地のものか、模様の少ないものを選んだ方が良いです。

花は入れる容器の大きさに合わせて切りそろえてください。

もし家には花瓶がないとか、新しく買わなくちゃいけないと思っている人は、適度なコップに挿して下さい。

コップの中にビー玉を一緒に入れるとキラキラして見栄えがとても良くなります。

それだけでも結構おしゃれですよね。

100円均一に行くと結構良さそうな容器も見つかりますよ。

花瓶の花が長持ちするコツ

センス良くお花を飾っても、せっかくのお花がぐったりしてしまったり、きれいに飾ったのにあっという間にしなしなになって枯れてしまうなんて、もったいないし寂しいですよね。

できるだけ切り花を長い間楽しみたいものですから、長持ちするように手入れをしましょう。

花が長持ちしない原因

花を長持ちさせるには水揚げの処理と花瓶の水を清潔に保つことが大切です。

駄目になってしまう原因の大半は、

  • 水がうまく吸い上げられない
  • 細菌やバクテリアが繁殖して水が腐ってしまう

の2点です

茎の切り口をきちんと処理して水の吸い上げを妨げないことが必要です。

花瓶の中の水はばい菌が繁殖してしまうと腐って花の茎の痛みが早くなります。

水揚げと水替えの処理をしっかるやることで花が長持ちします。

水揚げ

水の中で花の茎の先端を斜めに切ります。

こうすることで花の導管に気泡が入るのを防ぎます。水切りという手法です。

導管とは花が水を吸い上げるための管のことです。
空気が入ってしまうことによって水を吸い上げる動きを妨げてしまうため、
水中で切ることによって空気の接触をなくします。

斜めに切るのは切り口の断面を多くして、水の吸い込みを良くするためです。
直角に生きるより斜めに切った方が空気の細胞を潰さないできれいに切れます。

入り口の細胞を変に潰さないために切れ味の良い清潔なハサミで切りましょう。
ハサミが汚れているとそれだけで細菌が茎の最下部にくっついてしまうので、
きちんときれいにしてから使います。
ハサミがない場合は家庭用のカッターナイフやカミソリでもいいです。
刃が換えやすいから便利ですよ。

茎が痛んできたらまたこの作業をしてください。

大体痛んだ箇所から2、3センチで切ればオッケーです。

水換え

定期的に水を取り替えます。

夏から秋にかけては毎日水を取り替えます。

その他は3日から5日に一回水を交換しましょう。

水の量は少なめで、葉につかないようにしてください。

水を変える時は花の茎のぬめりを洗い落とし、花瓶もきれいに洗うと清潔に保つことができます。

スポンサードリンク

記念日にもらった花などを長期保存する加工法

もらって保存したくてもある程度コツが必要な方法だったり、材料が必要だったりしますが、1番簡単な方法があります。

ドライフラワー

ただ単に乾かすだけです。時間はかかりますが1番簡単な方法です。

ただし若干色が色あせて見えるのが難点です。

ナチュラルな仕上がりになるので玄関に飾ってもいいですし、やさしい印象になりますね。

材料

用意するもの

  • 紐・輪ゴム

作り方

  1. 花を少しずつ分けて紐で吊るします。
  2. 1週間から2週間位でできます。

こちらの↓動画を参考にしてみてください。

はいとっても簡単ですね!

いやいや、もうちょっと綺麗に保存したい、と思ったらちょっと材料が要りますが、

シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方

材料

  • ドライフラワー用シリカゲル(1キロ1,000円弱)

用意するもの

  • 新聞紙
  • 密閉容器(百均のタッパーで大丈夫です)
  • スプーン

作り方

  1. 密閉容器に2、3センチシリカゲルを敷きます。
  2. 花をその上に置いて花びらの隙間にスプーンで少しずつシリカゲルを埋めます。
  3. 全体を覆うようにシリカゲルを入れます。
  4. 1、2週間ほど待って完成!

自分用ならただ干すだけで作れるドライフラワーで十分ですが、
記念日にもらったモノやプレゼントしてもらったものなど、きれいな色を保ちながら長期保存する場合は、シリカゲルを使ってドライフラワーを作ると色鮮やかに保存できます。

ぜひ参考にしてくださいね。

ドライフラワー用乾燥剤【1kg】【送料税込】シリカゲル(青混合品)ドライフラワー用シリカゲル シリカゲル シリカゲルドライフラワー 作り方 アレンジ ガラスケース 容器 乾燥剤 フラワーホーム 保存用 ワイヤー レシピ ガラス容器 豊田化工 安

ちなみに、電子レンジを使ったやり方もあるそうです↓

まとめ

花の命は儚いものですが、綺麗な一瞬をながーく楽しむのはちょっとした工夫で出来ます。

楽しんでいろいろチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする