子供の水着にラッシュガードは必要?パーカーとの違いと使い方

5291c31e886f5618291c3e7af14a3931_s

ここ数年でラッシュガードというものの需要が上がってきています。

安全性や日焼けの面でも活躍するので、
子供とプールや海に行くお母さんも購入を検討されるかたも多いです。

そもそもラッシュガードとはどのようなものなのか、
どうしようか迷っている方のために
具体的なメリットや使い方などを紹介しますね。

スポンサードリンク
  

子供の水着にラッシュガードが必要なワケ

海やプールで元気に遊ぶ子供を見ると、
水着だけの子もいますが、
上にパーカーのようなものを着ている子がちらほらいますよね。

これはラッシュガードといって、
水中で行動するときに動きやすい上着なんです。

このラッシュガードを着ていると、

  • ケガの防止
  • 日焼け対策
  • クラゲ対策

などの効果があります。

子供が遊び始めると夢中になってしまうので、
はっと目を放した隙に転んで怪我をしていたり、
背中が真っ赤に日焼けしたりといったトラブルに合います。

それらの対策として多くのママが
ラッシュガードが必要と考えているようです。

ケガの防止

プールサイドだったり、海辺の岩場など、
怪我をする可能性が高い場所はいくつかあります。

上着を着て素肌が出ていないだけで
これらの怪我って大分防げるんですよ。

元々ラッシュガードとはサーフィンで使われていた用語で
「擦り傷」防止という意味を持っています。

日焼けやクラゲの対策などは後付なんです。

日焼け対策

日焼け防止に効果があるといわれていますが、
これはラッシュガードの副次的効果です。

基本的に水着を着ている部分は日焼けしませんよね?

それと同じように布一枚でも日光をさえぎるものがあると、
日焼けを防いだり、軽減することができます。

水中にいる間は全方位から日光が反射されていますので、
直接日に当たるほどではありませんが日焼けをします。

ましてや、浮き輪を使っていれば
上半身は水上に出ていることもありますから、
泳いでいる最中といえど強烈な日差しを浴びることになるのです。

子供は砂遊びも大好きですから、
日焼け止めを塗っていてもいつの間にか落ちてしまって、
痛いくらい日に焼けることも。

日焼けがひどいと帰った後に発熱したり、
肌がかゆくなって掻き毟ってしまってひどくなったりもします。

これらをさけるためにも
日焼け対策に効果的なラッシュガードは、
ママにとっては魅力的ですよね。

クラゲ対策

これも副次的効果の一つですね。

布一枚あればちょっとクラゲに接触しても、
特に何もなく過ごせます。

ただし過信は禁物。

ラッシュガードの効果があるのは肌を覆っている場所だけですから、
無防備な顔や手などはさされてしまいます。

クラゲが発生しない時期と場所を選んで遊びに行きましょう。

念のためどうしてもクラゲ避けがしたいならこんな日焼け止めもありますよ。

楽天でクラゲ避けローションを探す

ラッシュガードとパーカーに違いはあるの?

ラッシュガードとパーカーって見た目ほとんど同じに見えますよね。

ユニクロなどのUVカットパーカーでも代用できそうです。

でも、そもそもラッシュガードとは
サーフィンするときに着るぴったりした水着です。

基本的に水中での使用を想定しているので、
水を吸ったからといって動きにくくなることがありません。

水着のようにぴったりフィットして泳ぎやすいので、
海やプールで使用するのが正解なのです。

一方、通常のパーカーは素材にもよりますが、
水中に入ると水を吸ってとても動きづらくなります。

思うように動けなかったり水から上がったときにすごく重いです。

水中で行動するように作られていないんですね。

一度Tシャツを着て海に入ってみましたが、
ふわふわ漂ったり体に貼りついたりして、
大変うっとおしい印象でした。

なので結論としては、

水の中に入らず浜辺で遊ぶくらいなら、
UVカットのパーカーを使用したほうがいいです。

ケガ対策・日焼け防止をしたい、
子供を海に入って泳がせることを想定しているなら
ラッシュガードを選んだほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

子供に着せるラッシュガードの使い方のコツ

e59c701d6a3a50aeb9da0e10b6540078_s0d702c47ba279c02707908cc9162cf47_s
ラッシュガードを上手に使うためには、
以下の点に注意が必要です。

ラッシュガードは臨機応変に着脱すべし

水から上がって寒いと感じたときは
ラッシュガードを脱がしてあげましょう。

速乾性のものもありますが、
気温が低いと水分が蒸発するときの気化熱で
どうしても体温を奪ってしまいます。

脱いだ後はバスタオルをかぶるなり、
UVカットパーカーやTシャツを着せて
風邪を引かせないように注意しましょう。

脱いだラッシュガードは日当たりのいいところで
干しておいてください。

透けてしまわないように注意

薄いパーカータイプのラッシュガードは子供の水着代わりにもなるけど、
気になるようだったら下に水着を着せてもOKです。

色の薄い生地だと透けてしまう恐れがあるので
念のため水着を着せておきます。

最近はセット販売になっているものもありますので、
そちらで選んでみてもいいかもしれません。

いないとは思いたいですけど、
変質者がどこにいるかわかりませんし、
本当に念のために。

まとめ

ラッシュガードは楽しく遊ぶためにあったほうが嬉しいアイテムでした。

色々利点もありますので検討してみてください。

スポンサードリンク