隅田川花火大会2016年日程。会場の特徴と見るなら第二会場がおすすめ

隅田川花火大会の写真
夏に行われる花火大会はどれも派手で華やかで、
日本の夏の風物詩のひとつです。

いろいろなところで開催されているのでどんな人でも
何かしら花火を見たことがあると思います。

その中でも注目すべき花火大会が
隅田川花火大会です。

スポンサーリンク

  

隅田川の花火大会2016年の日程は?

今年で39回目を迎えるこの花火大会は、
隅田川周辺で行われる花火大会です。

周りにスカイツリーや浅草花やしきなど、
有名どころのスポットが多数存在していますから、
それぞれ花火大会に向けての特別席などもあります。

毎年95万人ほどの人出があり、この日一日は周辺が大変混みあいます。

隅田川花火大会2016の概要

開催日時
平成28年7月30日(土) 午後7時5分~午後8時30分

打ち上げ会場
第一会場 桜橋下流 ~ 言問橋上流
第二会場 駒形橋下流 ~ 厩橋上流

打ち上げ玉数
第一会場  約9350発
第二会場  約10650発  
合計して2万発

アクセス<電車>
第一会場 浅草駅(銀座線、都営浅草線、東武線)から徒歩5分
第二会場 蔵前駅(都営浅草線、都営大江戸線)から徒歩5分

雨天時
翌7月31日(日)に順延

問い合わせ
隅田川花火大会実行委員会事務局本部 Tel03-5246-1111

有名な花火大会はどこも一緒ですが、
隅田川花火大会も大変混みあいます。

場所取りも最低でもお昼までに取っておかないと
ゆっくり見ることはできませんね。

周りには観光スポットが点在しているので、
観光には事欠かなさそうです。

ただしどこも激混み。

隅田川花火大会の会場はどこ?

隅田川花火大会は会場が2つに分かれます。

第一会場はスカイツリーに近い会場で周りには隅田公園や陸上競技場があります。

第二会場は第一会場の少し南にあって浅草駅に近いです。

この会場の違いは花火のプログラムもそうですが、
打ち上げの業者も違いますし、
第二会場では花火のコンテストも行われます。

第二会場は第一会場の開始時間から25分ほど遅れて花火が開始されます。

どちらも混雑はしますが、
第二会場のほうが若干第一会場よりも人が少ないので場所取りがしやすいです。

スポンサーリンク

隅田川花火大会は第二会場がおすすめ

というわけで初心者の方におすすめしたいのは第二会場です。

第二会場周辺はコンビニが多いので
ちょっとした買い物やお手洗いに行きたいときに便利かも。

周辺のコンビニ

一年に一番人が集まる日なので、コンビニの店員さんも張り切って呼び込みしてますよ。

隅田川には橋が何箇所かあって、
そこを歩いて見物するのもいいかなと思いますが、
実際は警察の誘導に従って歩く羽目になるのでおすすめしません。

友達と行くなら体当たりで場所取りして、
交代で周辺の散策したほうが楽しいですよ。

おすすめの見物スポット(迫力重視)を紹介します。

駒形どぜう前

有名料理店駒形どぜうの前が花火の打ち上げ場所に近く、おすすめ。
夕方から交通規制があり、そのタイミングで場所取りが行われるため、
夕方にはこの付近に待機して時期を見計らいましょう。
(2016年規制時間未定)

清澄通り

こちらは駒形とは逆方面の一番近い道路です。隅田川の西側です。
こちらも交通規制が行われるので、夕方に素早く場所をとる必要があります。
例年18時くらいに交通規制が行われていて、今年もそんな感じになりそうですね。
(2016年規制時間未定)

場所取りにはシートが必要ですが、
目印をきちんとつけておかないとどれだかわからなくなりますので注意。

まとめ

やっぱりこの規模の花火大会は見ごたえありますから、
頑張って場所取りしてみんなで楽しみたいものですね。

夏のいい思い出を作りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする