結婚式の靴は黒パンプスだとNG?マナーと飾りについて

黒のパンプスを履いた女性
結婚式にお呼ばれするときにはパーティドレスやボレロなど、
いろいろ準備しなくてはならなくて
予算的にも厳しいと感じている人はたくさんいると思います。

準備するのは大変なので自前のものから使えそうなものを選ぶけど、
元から持っているパンプスなどを代用してもいいんでしょうか?

スポンサードリンク

結婚式の靴は黒のパンプスではダメ?

仕事をしている人ならリクルートで使っていた黒いパンプスとか、
礼服用に1足持っていますよね。

結婚式に呼ばれたときは場の雰囲気を読んで、
普段使いするファッションではなく
華やかな正装で行かなければならない印象がありますが
黒のパンプスってマナー的に大丈夫なんでしょうか。

黒のパンプスだってOK!

結論としては黒のパンプスを使ってもOKです。

葬儀の色を髣髴とさせるという人もいますが、
全身黒ずくめでなければ十分に使えます。

むしろ淡いパーティドレスを着用するなら足元に黒を入れることで
全体の色味が引き締まるのでおすすめですよ。

ちょっと足元がさびしいかなと思ったら飾りのクリップをちょい足しして
華やかさをアップさせてみましょう。

ヒールはあったほうがいい

黒のパンプスはもちろん使って大丈夫ですが、
できればぺったんこ靴よりは
3センチ以上の細身のヒールがあったほうがパーティドレスには合います。

普段はヒールを履かないという人でも
この機会にヒール3センチを試してみてはどうでしょうか。

すぐに足が痛くなるからと心配しているなら、
式場ではヒールのある靴を履いて、
履きなれた靴を持っていくようにすればいざ足が痛くなったときも安心ですよ。

もちろん足が悪い人や妊婦など無理な人は低い太いヒールでも構いません。

結婚式の靴のマナーでパンプスに注意すべきこと

結婚式の靴にもいろいろマナーが存在していますが、
NGなのは

  • サンダル・ミュールなどのつま先かかとが出ているもの
  • ブーツ
  • アニマル柄・爬虫類素材
  • デニム生地

それぞれカジュアルすぎるものなので
正式な場に履いていくには不似合いになります。

皮素材はダメということはありませんが、
気になる人なら樹脂コーティングされたエナメル素材を使うのがおすすめです。

黒のストッキングはNG!

黒いパンプスは大丈夫ですが、黒のストッキングは避けるべきです。
印象としても重苦しいものになりますし、
葬儀のときの服装が連想されるのでお祝いの場としてふさわしくありません。
基本的にはベージュのストッキングを使うようにしましょう。


スポンサードリンク

結婚式の靴の飾りはどの程度OK?

靴の飾りはあったほうがいいのかちょっと悩むこともありますが、
あってもいいけどなくても問題ないです。

お呼ばれしたことがある結婚式ではシンプルなカラーのパンプスを履いている人や、
ちょっとした飾りが付属されたものを履いている人もいました。

このあたりは個人の好みもあるので、
もうちょっと足元に華やかさがほしいと思ったら
クリップタイプの飾りをつけてみたり、
ベージュのストッキングの中でも
ラインストーンが並べてあるデザイン性の高いストッキングを選べば
全体がきれいに仕上がると思います。

まとめ

最後に重要なのはマナーを守った上での全体のバランスです。

ドレスや上着を選んでも足元を一緒に合わせなかったせいで
どこかちぐはぐな印象になってしまうことがあります。

全部決めたら一度身に着けて鏡で確認するか、
友達や家族に確認してもらうということも考えてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする