インパクトあるハロウィンのパーティー料理のおすすめはこれ!

ハロウィンの写真
ハロウィンに少人数でパーティーするとき、
何か料理を持ってきてと頼まれたらどうしますか?

サラダ?ケーキ?クッキー?

どれもいいですがやはりハロウィンはインパクトが大事!

なのでこんな料理はいかがですか?

スポンサーリンク

ハロウィンのおすすめパーティー料理

日本のハロウィンは仮装をしてパーティーをしてと
結構楽しげでかわいい感じのイメージがありますが、
持ち寄った料理が似たり寄ったりだとちょっと残念ですよね。

周りのみんなとは違うちょっと気合の入った料理をして、
パーティーの友達を感心させて見ませんか?

やっぱりおすすめなのはかぼちゃを丸ごと使った料理です。

ハロウィンのおすすめ料理はかぼちゃ!

ハロウィンといえばかぼちゃです。

しかし観賞用のかぼちゃはほとんどが食用に向かないので注意してください。

丸ごと使う料理におすすめのかぼちゃは坊ちゃんかぼちゃです。

かぼちゃをくりぬく下準備

かぼちゃ本体をよく洗ってゆるくラップに包みます。
電子レンジで柔らかくします。

上の部分を包丁で切り落とし、中にあるタネとワタの部分をスプーンで取り除きます。

きれいになったら中の身を2センチ残るまで削り取ります。後で使うのでとっておいてね。

下準備をしたかぼちゃを使った料理

グラタン

材料
玉ねぎ 1/2個
鶏もも肉 150g
しめじ 1/2株
ホワイトソース缶 1/2個
塩コショウ 適量
とろけるチーズ 適量

塩コショウで味をつけた鳥もも肉を軽く火を通したら玉ねぎとしめじを加えて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

ホワイトソースを絡め、かぼちゃの器に入れます。

とろけるチーズを上に乗せたら、220度のオーブンで20分くらい、チーズに焼き色がつくまで焼きます。

かぼちゃサイズが17センチの分量なので大きさによって調整してください

サラダ

下準備した器をそのまま使ってちょっと豪華な雰囲気を出しましょう。
通常のポテトサラダに削った中身を混ぜて器につめるだけです。
表面をジャック・オー・ランタンの顔に薄く削ります。

プリン

材料
下準備したかぼちゃ
砂糖 50g
牛乳 150cc
卵 1個
生クリーム 100cc

砂糖・牛乳・中身を削ったかぼちゃをさらに加えて滑らかになるまで潰してペースト状にする。

生クリームと卵をボウルに入れよく混ぜ、そのなかに先ほどのかぼちゃペーストを加える。

出来たものを茶漉しなどで漉してかぼちゃの器の中に流しいれます。

中火で20分ほど蒸したら出来上がりです。


スポンサーリンク

まとめ

かぼちゃの大きさによって分量が変わりますが、
余った中身はほかの料理に流用してください。

グラタン、サラダはトーストに乗せてもおいしいし、
余ったプリン液は小さいカップに入れてミニデザートにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする