七五三のお祝いは必要なの?姪へのプレセントについても

七五三の写真
七五三は子供の成長の節目を祝う行事で、
11月15日前後の吉日に神社へお参りするのが慣わしですね。

でも、忙しい日々の中、
自分の子供ならともかく親族の子供の七五三までちゃんと覚えていられますか?

難しいですよね。

お祝いしたい気持ちはもちろんあるけど、
細々したときにお祝いを渡すのはどうなんでしょうか。

七五三にお祝いを渡すべきなのか、
姪へあげるには何がいいのかなどを紹介します。

スポンサーリンク

七五三のお祝いは必要なのか

一般的には七五三のお祝いは必要ありません。

七五三を祝うのはその子の親であって、
親族間で大々的にお祝いするものではありません。

神社にお参りに行くとしても、親子か、
希望があれば祖父母もといった具合ですね。

もしも親族から七五三をしましたと報告に写真を見せてもらっても、
無理にお祝いを渡す必要はなく、
「とってもかわいいですね」と褒めるだけで十分です。

ただしこれにも例外があって、
七五三の食事に誘われたときなどはお祝いを持っていったほうがよいです。

食事にかかる代金とちょっとのお祝いを込めて、
5000円~1万円くらいを包んで渡しましょう。

もちろん自宅で食事会などある程度フランクに祝うときは、
現金を包むのではなく贈り物などでもいいと思います。

こういうことは、地方の習慣などでも変わってきますから、
親族間で行われている通りにするのが波風立てない方法です。

また、七五三のお祝いというものは
収入のない子供に渡すものなのでお返しを期待してはいけません。

このような祝い事の場合はお祝い自体が気持ちだけということなので、
お返しがないことを不満に思うならお祝いはあげないようにしましょう。

もし将来自分の子供が出来ても、
お祝いをもらうのは当然ではない、ということは
頭の隅において置いてくださいね。

七五三のお祝いを姪にあげるときは?

基本的にお祝いはあげないというのが一般的とは言いましたが、
家族間で親しい交流があり、お祝いをしてあげたいという気持ちがあるなら、
相手の家族の負担にならないくらいのお祝いをあげましょう。

姪にお祝いで現金を包む場合の相場は大体5000円~1万円です。

世間的に見てこの金額で送る人が多いということですが、
子供もまだ小さいのでもう少し少額でもよいです。

成長すればそれに伴ってお年玉などの金額もあがることになりますから、
無理して今渡さなくてもいいと思います。

自分の生活のこともありますし、無理してひねり出すよりは
入学や成人といった大きな節目にだけお祝いを贈ってもかまいません。

逆に裕福だからと大きな金額を送ってしまうと、
その子の親がお返しに苦慮してしまう可能性があるので、
相手を慮ってお祝いしてあげてくださいね。

現金だと味気ないという人は、図書券や文具券などもおすすめです。

これから学校でみっちり学んでいくことになりますから、
本を購入するにも、筆記用具を用意するにも、実用的でありますし、
図書券1000円分+お菓子などを贈れば
七五三を迎える子供はとっても喜んでくれます。

無理してお祝いを用意する必要はありませんが、
このように手軽な範囲でお祝いの気持ちを贈ってあげてはどうでしょうか?


スポンサーリンク

七五三のお祝いで姪にプレゼントするなら

七五三のお祝いには現金でなく現物を贈ってお祝いをするという方も増えています。

金額的にはお祝いの現金と同じくらいの贈り物を選ぶのが主流です。

姪に贈るプレゼントのおすすめは、女の子向けのおもちゃのおままごと道具とか、
おしゃれに目覚め始めている年頃なら洋服やワンピース、髪飾りなどがよいです。

好みなどもありますので一緒に買いに行くということも考えられますね。

他にも鉄板であればお菓子やケーキなどが大変喜ばれますよ。

ちょっと昔なら七五三の晴れ着を着るときの小物などもありました。
現在では晴れ着は購入するよりもレンタルの人のほうが多いですが、
もし晴れ着を購入予定のようなら、
髪飾り・センス・草履などの小物を選んでプレゼントするというのはどうでしょうか。

以上が子供に喜ばれるプレゼントですが、
その親の本音でいうとやっぱり現金が一番うれしいみたいです…。笑
子供の成長期はいろいろ物入りな時期でもありますしね。

お祝いは本当に人それぞれなので、
なんならご両親にちょっと尋ねてみて、何が必要か聞きだしましょう。
不要なものを贈ることが一番避けたいことです。

品物で悩むなら現金を贈ってしまうのがいいかもしれません。

まとめ

基本的に七五三のお祝いは必要ではありませんが、
姪にお祝いを贈るときの金額の目安は5000円~1万円程度です。

図書券や文具券、女の子ならおもちゃやおしゃれ着・アクセサリなどです。

こういうことで大事なのはお祝いの気持ちです。

無理しない範囲でお祝いをするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする