スタッドレスタイヤとチェーンは使うべき?値段と必要性について

タイヤの写真
冬になると突然のどか雪が降ったりして、
普段積雪がない地域だと電車や交通機関が混乱することが多いです。

車を持っている人は雪で滑らないように
スタッドレスタイヤやチェーンといった対策をやると思います。

でも、スタッドレスとチェーン、どちらを選べばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤとチェーンはどっちを使うべき?

スタッドレスとチェーンの内、
安全性や利便性ではスタッドレスタイヤに軍配が上がります。

なんといっても、突然に雪が降っても対応できるという点ですね。
雪でなくても寒ければ雨降り後に凍結しますから、
意外と必要なときは雪の日だけではないんですよ。

スタッドレスは凍結路に向いています。

寒い時期に降った雪はちょっと融けても数日日陰に残って、
道路が凍結して結構長引きますから意外と活躍する期間はあるんです。

都市部やめったに雪が降らない地域だと、
いきなり雪が降って積もってしまったら
チェーンをいざ着けようとしても時間がかかってしまって
出発時間が大幅に遅れます。

チェーンを着けたことがない人はたぶんわからないと思いますが、
痛いくらいの寒さの中チェーンの着脱をするのは大変な作業です。

手はかじかむし、服は汚れるし、
それを考えるとスタッドレスって本当便利だなって実感しますよ。

雪の道路の写真

比べてチェーンに適した雪道というのは圧雪路で、
雪がよく降っていつも残っているという地域ではかなりのパワーを発揮します。

でも雪の上でなければあっという間に劣化しますから、
年に1、2度くらいしか雪の降らない都市部では
着脱のタイミングもちょっと難しいんですよね。

とってしまった後に日陰の道路を通ったら
凍っていて滑ってしまったなんて話はよくあることです。

一番怖いのは事故ですから、
安全性をとるならスタッドレスです。

スタッドレスとチェーンの値段はこのくらい違う

ここで気になってくるのはそれぞれの値段です。

スタッドレスとチェーンを比べると
どうしても価格の面ではチェーンを選びたくなりますよね。

スタッドレスタイヤの値段は

スタッドレスタイヤの値段は
車種・ブランド・ホイール有り無しで大幅に変わってきます。

スタッドレスタイヤ一揃えするのに大体5万円以上かかります。

小さい車ならタイヤの大きさも小さいので値段も抑えられますが、
大型車はタイヤも大きいのでコストが高くなってくきます。

タイヤのサイズ別に大体の値段をみてみると

タイヤ1本あたりホイールなし

  • 12・13インチ 5000円~1万円
  • 14・15・16インチ 1万5千円~3万円
  • 17・18・19インチ 2万円~6万円
  • 20インチ 2万円~10万円

大雑把ですがこれくらいしますね。

あとはセット割引とか早期割引とかを使うとちょっと安くなります。

一番安いタイヤだと他との価格差がびっくりするくらいありますが、
性能は価格に比例してきます。
実際に人気があるのはダンロップやブリジストン、ヨコハマタイヤなどのメーカーが多いようです。

タイヤチェーンの値段は

タイヤチェーンも金属や非金属といろいろ種類はありますが、
1ペア(2輪分)で5000円~3万円強で売っています。

こちらもサイズ・材質・メーカーによって価格が変わってきます。

雪が降ってから探し始めると店にサイズが置いていなかったり、
売り切れていることが多いので買うなら注意しましょう。


スポンサーリンク

スタッドレスとチェーンは本当に必要なのか

スタッドレスにしてもチェーンにしても出費が大きいのがネックですが、
雪道にこれらの対策は必須です。

ノーマルタイヤだってゆっくり走れば大丈夫
と思っている人は絶対に運転するべきではありません。

運転技術の問題ではなく、ゆっくり走ったって雪が少しでもあれば滑ります。
そしてその滑った先に車や人がいたら大変な事故になってしまいますよ。

命にかかわることですから、
雪道対策をしない人は雪の日には運転をせず、
電車・バス・タクシーなどの他の手段を使いましょう。

スタッドレスタイヤを自前で揃えて買う費用と、
雪の日だけタクシーを使う費用は
距離によってタクシーのほうが安くすむ場合がありますので一考すべきです。

通勤に使うのでなければ数日自動車使用禁止しても大丈夫ですよね。

まとめ

おすすめはもちろんスタッドレスですが、
雪が降ることが少ない地域だと車の雪対策に
お金をかけたくないという人も多いと思います。

年に1度降るか降らないか分からない雪のためにそれほどの費用を出せませんよね。

そんなときは非常用にチェーンを備えておくと安心です。
一度購入した後に取り付けの練習をしておきましょう。

天気予報を見て雪の可能性が濃厚なら早起きするとか
前の日の晩につけるとかで対策してみてください。

あと探してみたらこんなアイテムもありました。↓
長距離走るときには複数回スプレーしなくてはならないですが、
雪が降らないかもしれない所では緊急用にあると安心です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スプレー式タイヤチェーン タイヤグリップ TYRE GRIP 450ml 非金属…
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/10/31時点)

懐に余裕があれば、
めんどくさい人や、
初心者の人にはやっぱりスタッドレスおすすめですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする