シャチハタの印鑑がダメな理由。具体的な違いと有効な場面はいつ?

皆さんシャチハタって持っている人は多いですけど、
銀行の口座開設にうっかり持っていってしまったことありませんか?

特にアルバイトを始める若い人だと、
印鑑の管理は親がやっているからと
ピンと来ない人もいるかもしれませんね。

ではいったいなぜシャチハタは断られることが多いのでしょうか?

スポンサードリンク
  

シャチハタの印鑑がダメな理由

銀行や保険等の契約書にシャチハタが使えない理由は
シャチハタ自体の耐久性が悪いという点が大きいです。

そもそもシャチハタというのは
朱肉いらずで片手間にぽんと押せるのが魅力ですよね。

しかし利便性を追求しているために、
構成される素材の耐久性には不安が残るのです。

そもそもシャチハタとは?

シャチハタって何でそう呼ぶか知っていますか?

この名前の由来はシャチハタの印鑑をはじめて作った会社の名前です。

シヤチハタ株式会社が売り出している商品がシャチハタ印と呼ばれ、
今ではこの会社の商品でなくてもシャチハタというほど
なぜか浸透してしまっているんですよね。

実はシャチハタは商品名がぜんぜん違っていて、
元は「Xスタンパー」て言う商品名なんですよ。

シャチハタと他の印鑑の具体的な違いは?

シャチハタは印面の素材とインクの種類が
他の印鑑と大きく違っています。

シャチハタは
はんこ面のゴム素材に専用のインクを染み込ませ、
何度押してもインクがある限り押し続けられる仕組みになっており、
日本ではサインの代わりに用いられています。

でもゴムってちょっと力を入れれば柔軟に曲がったりする素材ですから、
ぎゅっと押してしまうと歪みますし、
ちょっとした傷でもついてしまいます。

いざ確認するというときはその印影で本物かどうかを判定しますから、
柔らかく傷つきやすいゴム素材で出来ているものは
トラブルの元となる危険があります。

シャチハタで押した印鑑はその印影が安定せず、
そのため多くの重要な書類には使いません。

さらにインクについてもちょっと違いますね。

シャチハタに用いられる顔料インクは紫外線に弱く、
長期間保存すると消えてしまうというリスクがあります。

少しの期間しか使わない書類であればいいのですが、
銀行や保険などは数年に渡って使うものですから
途中で印鑑が消えてしまうととても困りますよね。

スポンサードリンク

シャチハタが印鑑として有効な場面はどれ?

重要な書類では使えないなら、
一体どの場面で使えばいいのでしょうか。

基本的な使い分けはこのようになっています。

シャチハタが有効な場面

  • 回覧板
  • 出席簿
  • 宅配便受け取り
  • 領収書


シャチハタが無効な場面

  • 受験願書
  • 銀行の口座開設など
  • 保険の契約書
  • 官公庁の書類(領収書も含む)
  • 雇用契約書

重要書類はほとんど使えないことが分かりますね。

役所に使う関係の書類はシャチハタは一切不可ですので、
引越し関係も領収書も朱肉タイプしか使えません。

実際にはシャチハタを押したところで
法的に問題ないことが多いのですが、
書類を必要としている会社や組織によって
シャチハタ不可のところもあるので気をつけましょう。

通常の朱肉で使用する印鑑であれば
どの場面でも使えますし、
今の時点で持っていないのなら
これから先のことを考えると
1つは持っておいたほうがいいですね。

私は自分で買ったりしていないので
中学卒業の記念品を長いこと使っています。
意外と重宝していますよ。

いちいち朱肉を着けるのが面倒くさいなら、
シャチハタと同じように手軽に押せるようになる
印鑑用ホルダーもあります↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

三菱・印鑑ホルダー『はん蔵』[メール便で送料無料]
価格:540円(税込、送料別) (2016/8/28時点)

まとめ

シャチハタは耐久性に問題があるため
重要書類では使えません。

素材やインクも進化して改良されてきていますが、
今までの慣習どおりに使っている場所が多いです。

いざというとき使えないので
朱肉を着けるタイプの印鑑を
1つは持っておくことお勧めします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする