あじさいを見るなら明月院か長谷寺?見頃と時間は?

明月院のあじさい
鎌倉は坂道が多く、道が狭いため車で訪れることはおすすめできません。

特に連休やあじさいが綺麗な時期は平日でも大変混み合いますので、
徒歩で観光は必須事項ですね。

でも、足腰が弱い人は急な坂道とか体力が持ちません。

そこであじさいの時期にあまり急な坂がない、
明月院のあじさいを見に行くというのはどうでしょうか。

スポンサードリンク
  

あじさいを見るなら明月院か長谷寺どっち?

鎌倉のあじさい寺は明月院、成就院、長谷寺が有名ですね。

あじさいを見に行く候補としてはこれらのスポットをまず検討するほど
あじさいで有名です。

成就院、長谷寺はあじさい越しに海が見えるいい場所ですが、
結構坂道が急で、階段もたくさんあります。

なので足腰が弱い、体力がない人におすすめしたいのは明月院です。

明月院は谷の間に出来ていて、
境内に入ると少し登り坂や階段もありますが、
他のあじさい寺に比べると緩やかで歩きやすいです。

正してすりなどはありませんから同行している方が
支えてあげてくださいね。

北鎌倉駅から徒歩10分ですので、ゆっくり歩いても20分くらいで着きます。

ここで注意したいのは休日にいく場合ですね。

時期によっては入場待ちになったり、
百メートル以上の長蛇の列が出来ていた年もあります。
あじさいを見るなら午前中の早い時間にしましょう。

明月院の拝観料は大人500円(通常300円)です。
花菖蒲の庭園もありますがこちらを見たいなら別料金で500円が必要です。

明月院のあじさいの見頃は?

明月院のあじさいの見頃は例年6月中旬から下旬です。

6月上旬から咲き始め7月中旬には終わります。

明月院のあじさいは、青色を中心に統一されていて
「明月院ブルー」と呼ばれています。

「ヒメアジサイ」という日本古来の品種が多くの割合を占められていて、
2500株もの青いあじさいが一斉に咲く様子はとても綺麗ですよ。

年によって開花状況が変わってきますので、
行くときは事前に確認してくださいね。

スポンサードリンク

明月院のあじさいが綺麗な時間は?

明月院のあじさいを見に行くなら、
朝の時間がおすすめです。

晴れの日だった場合行楽にはいいのでしょうが、
午後になるとあじさいが少し萎れてしまう可能性があるからです。

さらに混雑回避の時間帯としても朝はとてもおすすめです。

午後になって列に並ぶのは体力がない人にとっては苦行になりかねません。

朝は暑くなく、涼しいので寒さ対策にストールなどがあるといいですね。

まとめ

やっぱりこの時期おすすめは平日の午前中です。
並ぶのって体力ももちろん気力も必要ですからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする