BMIの標準はでぶ?ぽっちゃりの境界線と体重見た目の関係は?

見た目がよく、スタイル抜群な女性にあこがれてダイエットをする人もいますが、
特に太っていないのにでぶと言われて落ち込んでしまう人もいます。

ぽっちゃりだよと言われても、その境界線ってどこなんでしょう?

スポンサードリンク
  

BMIの標準はでぶなの?

よくダイエットを始める基準にされるのが
BMI「Body Mass Index」指数(ボディーマス指数)と呼ばれているものです。

これは身長と体重から体格を計算する方法です。

体格指数( BMI 指数 )= 体重( Kg )÷( 身長( m )× 身長( m ) )

この計算で22の数値が一番健康的に過ごせる体格だそうで、
肥満の25以上の人は容赦なくでぶと言ってもいいでしょう。

肥満になるとさまざまな健康被害に合いやすくなってくるので、
減量を始めても良い数値ですよ。

と言っても、一番健康的に過ごせる体重が自分にぴったりの理想とは重ならないのが
曲者です。

時代によってオカメ顔が美人と言われていた価値観のときもあれば、
着物が似合うのが寸胴体型の時代もありました。
今の流行だとテレビや雑誌などでスタイル抜群と言われている人たちが、
世間の価値観を作っています。
専門家などからは痩せすぎで不健康だという意見も出ていますが、
これが今の美人図の標準になっているので、
特に太っていない健康的な人でもでぶだと言われてしまうのが現状です。

言う人はおおよそデリカシーがないですが、ね。

でぶとぽっちゃりの境界線はどこ?

でぶと言われて傷つくけど、ぽっちゃりなら許せなくもない。
若干柔らかい言い方ですね。

んー、これって境界線てあるんですかね。

ちょっと調べてみた範囲だと、人によってさまざまな意見があります。

が、基本的には好ましく思う人はぽっちゃりでそれ以外がでぶという認識ですね。

他にも体重や、体脂肪率、骨の太さなどの個人的好みで意見がばらばらすぎます。

痩せている人でも肉付きがよければぽっちゃりと言う意見や、
太ってても体系が整っていて清潔感があればぽっちゃりとか。

つまり、でぶとぽっちゃりの全国共通の境界線はない!ということです。

ただやはり、でぶと言う言葉自体はぽっちゃりよりも悪いイメージを持っているのは共通みたいです。

スポンサードリンク

体重と見た目の関係はあるの?

BMI指数は普通なのに、
太っていると言われる人と、痩せてるねって言われる人がいます。

身長体重が一緒でも見た目に大きな差が出来ることがあります。

それは、体のパーツのバランスで見た目が変わってきてしまうからです。

胸がとても大きい人は体重がそれほどでなくても、
全体的に丸いイメージになるので見た目体重が重めになります。

顔の輪郭が丸い人も重く見られがちです。

縦に大きい身長高めの人が標準体重より重くても、痩せてるねって言われてました。

何を信じていいのか分からなくなりそうですが、
よっぽど太ってなければこれらは人の価値観によるものです。

あやふやなものですから、
太っていると思っている人は体重を躍起になって減らすのではなく、
体型バランスと健康を考えてダイエットする必要がありますね。

まとめ

ダイエットは自己満足の面も大きく持ちますから、
標準体重内の範囲で自分の理想を追い求めてみるのもいいです。

人の意見に傷つくこともあるでしょうが、
ある程度は割り切ってしまうことが大切です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする