余ったはがきの交換手数料。切手で支払いできる?50円はがきは?

年賀はがきや喪中はがきなど印刷したけど、
それほど使わずに余ってしまうときがあります。

このような時は郵便局で手数料を払えば
新しいはがきに交換してもらえます。

交換するときの手数料や支払い方法、
昔の50円はがきをどうするかについて紹介します。

スポンサードリンク
  

余ったはがきの交換手数料はいくらかかる?

余ってしまったはがきは郵便局で交換してもらえます。

新品でも書き損じでも手数料は1枚につき5円です。

たとえば、はがきが10枚残っていたときは

10枚 × 5円 = 50円

10枚交換するのに手数料が50円かかることになります。

余ったはがきと交換できるものについては、
郵便局のHPでも確認できます。↓
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/index.html

通常はがきや切手に交換することが多いですね。

交換できないもの

新品のはがきや書き損じなど通常なら交換してもらえますが、
例外として無効されるものもあります。

  • 料額印面が棄損しているもの
  • 一度郵便局を通して戻ってきたはがき

料額印面が棄損しているもの

料額印面というのは
はがきの表面左上にある料金を示す部分のことです。

この部分が汚れているとそのはがきの料金が確認できないので、
交換に出しても拒否されることがあります。

私は印刷ミスで表面全面に印刷してしまったことがありますが、
聞いてみたら料金部分が読み取れるのでOKでした。

ちょっとした汚れくらいなら大丈夫なところもあるので、
ダメかなと思っても一応聞いてみたほうが良いですね。

一度郵便局を通して戻ってきたはがき

一度郵便局を通して、
住所不在などで戻ってきたはがきは交換することはできません。

郵便として料金分は使ってきたから仕方ないですね。

年賀状などは料金のところに消印がつかないから、
交換に行っても大丈夫、ということはありません。

目には見えませんが、
郵便局を通したものは特殊なインクで
バーコードが印刷してあります。

ブラックライトなどを当てると見えるのですが、
このような処理をされているため、
ごまかして交換なんてことはできないんです。

はがきの交換手数料は切手で支払える?

はがきの交換手数料は1枚につき5円かかりますが、
この手数料は切手で支払うこともできます

現金との組み合わせで払うこともできるので、
中途半端な切手があればこの機会に使ってしまっても良いでしょう。

ちなみに大量のはがきが余っていて交換したいとき、
さきにいくつかを切手に交換しておいて、
後で手数料として支払うのも可能です。

例として30枚のはがきを交換するとしたら、

30枚 × 5円 = 150円

コレを現金で払っても良いですが、
先に2枚切手に交換しておくと

2枚 × 5円 = 10円(現金)
52円切手が2枚で104円

28枚 × 5円 = 140円
140円を 104円(切手) + 36円(現金)で支払うと

合計で使ったのが
104円(切手) + 46円(現金)
こんな感じにもできます。

窓口を担当している人によって
ルールを完全に把握していない人もいるので、
若干トラブルがあったりなんて話も聞きます。

実際に交換してみたら、
担当の人は紙に書いて計算しているから
面倒くさそうだなと思いました。

要領のいい人だったらぱぱっと
計算してくれそうです。

スポンサードリンク

昔の余ったはがきの交換で50円の場合は?

郵便局に行くんだったら
ついでだから昔の余った年賀はがきとかも交換したいな、
と思いますよね。

基本的にはがき交換の手数料は一律ですが、
昔のものだと50円はがきがありますよね。

50円はがきを52円のはがきに交換したいときは、
差額2円+手数料が必要
です。

例として10枚の50円はがきを交換するなら、

10枚 × 2円(差額) + 10枚 × 5円(手数料)
=70円

70円かかります。

差額や手数料のことを考えると
一律で52円に交換するのではなく、
数枚を2円切手に交換しておき、
50円はがきに貼って使ったほうが
手数料はお得です。

まとめ

使わない死蔵されたはがきというのも一定数あると思いますが、
余った年賀状も年賀部分を二重線で消して懸賞で使われたり、
切手に交換したりもできますので、
ぜひ活用してくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする