バレンタインに会社で義理チョコ配るべき?職場のルールと相場は?

チョコ

2月の一大イベントといえばバレンタインです。

この時期になると会社勤めの女性は
チョコを用意しなくてはならないという人も多く、
職場でどうやってあげたらいいかと悩みます。

初めての職場でバレンタインについての注意点や
義理チョコの相場などチェックしておきましょう。

スポンサードリンク
  

バレンタインに会社で義理チョコ配ったほうがいい?

バレンタインチョコを会社で配るかどうかは、
その会社や部署によって違います

事務所ならチョコを配ることが多いようですが、
工場系などではあんまり人が集まらないこともあって
バレンタインという行事自体消去されているところも。

バレンタインチョコレートって自分で見ている分にはいいですが、
義理チョコを強制されているときは
ちょっとメンドクサイデスヨネ。

会社に入って1年目の時は
面倒くさいトラブルを回避するために
必ず女性の先輩やらお局様やらに聞くようにしましょう。

まずは職場でのバレンタインルールに注意!

チョコを早く用意しなくちゃと焦ってはいけません。

会社によって暗黙の了解や雰囲気などがあるので、
一人で独走するのは危険です。

正社員の方はもちろん派遣で入っている人も、
必ずこっそりでもいいので仲のいい人に聞いておきましょう。

こんなルールがあるかも

  • 部署内の女性でまとめて集金してからチョコを買う
  • 〇〇円以内のものを指定している
  • バレンタインのチョコ受け渡しは一切禁止

バレンタインチョコ全面的に廃止しているときのトラブル例

例えば、期間を限定して働いている場合、
その会社にバレンタインの習慣がなかったら
日ごろの感謝という意味合いだったとしても
義理チョコを配るべきではありません。

社内で男性から自分の好感度が上がる可能性もありますが、
その部署や会社で
バレンタインをなくした経緯や理由が必ずあります。

その中であなただけが渡したとしたら、
他の人は当然面白くありませんよね。

このような場合、イベントはイベント、
仕事は仕事と割り切ったほうが無難です。

スポンサードリンク

会社のバレンタインは負担にならない金額で

バレンタインの義理チョコは、
多くの女の子は500円以内のものを選びます。

会社の人数も馬鹿になりませんし、
同じ部署内だけでも何人にもあげるのは
(あんまり給料高くないのに)とにかく負担です。

新人のころならなおさらですよね。

男性側でもバレンタインのお返しに悩んだり、
高価すぎるものを貰っても困ってしまうという
声もよく聞こえてきます。

こういうものはいつものちょっとした感謝の気持ちです。

350円のチョコパックとか、
安めの金額でのバリエーションも増えているので、
余り無理はしないようにしましょう。

まとめ

会社でバレンタインチョコを配るときは、
必ず事前に先輩に確認を取っておくこと。

周りがあげない中でチョコをあげるのも、
逆にみんなあげているのに
自分だけあげないというのも精神的にキツイです。

神経がゴンブトの人は気にしなくてもいいかもしれませんが、
なるべく波風立てずにやって生きたいなら
周りに流されることも必要ですよね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする