知らなきゃ恥ずかしい!それって飛行機内持ち込み禁止ですよ!

機内持ち込み

飛行機に乗る前に、事前に調べておきたい持ち込み禁止物。

手荷物検査では、驚いてアタフタしてる方も、
時々みかけます。
大きな事件が起きてからでは遅いので、
法律も細かくどんどん変わって行きます。

ひと昔前は紙での情報や、電話での問い合わせでしたが、
今の時代スマホ片手情報を手に入れられます。
隙間時間に役に立つ情報をゲットしてみましょう。

スポンサードリンク

飛行機の手荷物検査ではじかれるものとは?

飛行機に乗る前には、手荷物検査があります。

なに手荷物検査って?

手荷物検査とは皆さんの荷物が、
飛行機に持ち込みOKなものか?それとも禁止とされているものか?
をきちんと調べる検査です。

初めてだと、検査場の空気に圧倒されるかもしれません。
一見怖そうですが、事前に調べておけば安心です。

検査では警察官のような制服を着た職員の方々が、
流れ作業のように
「なにか危険なものを持っていないか」と厳しくチェックしています。

なにも悪いことをしていなければ、
ただ怖く見える人たちなので大丈夫です(笑)

では、手荷物検査でひっかかってしまうものをご紹介します。

手荷物検査ではじかれるもの

1.ライター 

ライターやガスコンロ、オイルタンク式のライターも、
原則持ち込み不可です。

2.花火・クラッカー

火薬の入っているものも持ち込めません。
現地で購入するほうが良いですね。

3.塗料

 引火する可能性があるので、持ち込めません。
 指定のものがあるようなら、事前に郵送しましょう。

4.漂白剤・殺虫剤

 どちらも、酸化物・毒物と分類されます。

上記4つは、預け入れすらできませんので、
もし購入しても、使えないという残念な結果になってしまいます。
気を付けてください。

5.スプレー 

 スポーツ用等の一部スプレーは持ち込めませんが、
 制汗剤などの医薬品または、医薬部外品は持ち込みができます。
 

スポンサードリンク

6.はさみ・ドライバー

刃物や、尖ったもの等、工具は持ち込めません。
爪切りも持ち込めない場合があります。
その場合、預けいれができます。利用しましょう。

7.長もの

ゴルフ、サーフボード、竹刀など持ち込みが禁止されています。
持って行く予定があるようでしたら、
こちらも預け入れをお願いしましょう。

8.大きな液体化粧品

ジェル・ワックスは持ち込めません。
大きくなければ平気ですが、
機内で使う予定があれば、
普段使っているものを小分けしたり、
旅行用のものを購入したほうが良いかもしれません。

せっかく旅行のために買ったのに、持っていけない~!
なんて事態は悲しいし寂しいので、
ここはきちんとチェックしたいですね。

飲み物もダメ!?機内持ち込みの液体について

誰でも一度はやってしまいそうなミス。
実は飛行機には飲み物も持ち込めない場合があります。

どんな飲み物が持ち込み禁止なの?

手荷物検査をする前に購入した飲み物は、
残念ながら持ち込めません。

じゃぁ、何を飲めばいいの?どこで買えばいいの?

そうですよね、心配しなくて大丈夫です。
手荷物検査を終えたあとの、飛行機搭乗ゲートの近辺に、
沢山の種類のお店があり、もちろん多種多様の飲み物があります。

ここで外を眺めながら喉を潤してください^^

また男性はそんなに持つ機会はないかもしれませんが、
液体といえば先ほども書いた通り化粧品類です。

最近では美意識の高い男性も増えているので、
持ち込みを検討している人も多いのではないかと思います。
化粧品類を持ち込む場合、
液体は100ml以下の容器に入れ、
チャック付きの透明な袋(縦横40㎝以下)に入れることが義務付けられています。

ここで注意したいのが、1人1個までということです。
とても厳しいですが、お肌は宿についてから整えるた方がよさそうです。1

まとめ

飛行機内の持ち込みルール、厳しいですね。
「ひっかかりそうだな・・・」と思うものは、
持ち込まないようにするか、ご自身で工夫をするかが一番良い方法になりそうです。
手荷物検査で嫌な思いをすると、その後のフライトも楽しめません。
禁止事項を守り、楽しい旅行にしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする