ダイソンdyson掃除機DC62のバッテリー交換のやり方。非純正品を使ってやってみた

うちで愛用している掃除機は「吸引力の変わらない」で有名なダイソンのコードレスクリーナーです。

吸気音は以前の掃除機に比べてやたらうるさくはなりましたが、なんといっても吸引力の良さと電源コードがなくて本体の取り回しが断然楽!

手元に重心があるとかなり楽なんですよね。

1階と2階といろんなところに持っていって埃を吸い取ってくれます。

さすが、吸引力の(略

そんな活躍中のダイソンだけど、最近バッテリーがヘタってきてしまったので交換することにしました。

ダイソンコードレスクリーナーDC62のバッテリーを交換

バッテリー交換する掃除機は数年前の型でDC62。

冬の寒さのせいなのか、急にバッテリーが持たなくなりました。

バッテリー充電いっぱいまでしておいたのに、スイッチ押して1,2分で使えなくなってしまい、とてもじゃないけど使用可能とはいえません。

掃除機なのに電池交換か・・・

電源コードがないから仕方ないとはいえ、なんとなく釈然としません。(充電池使っているから購入時点でも知ってたんですけどね)

しかし、交換しなければ使えないのなら仕方ないです。
住居の清潔を守るため、メンテナンスはしっかりしなければ。

ネットで交換用バッテリーを探すといくつも見つかったので早速ぽちーっと購入。

純正品、非純正品、バッテリー容量、産地?など微妙な違いの選択肢の中から選んだのは、今までの容量の2倍使えるやつです。

実はうちの中って広くて掃除機をかけると、1階かけて充電、2階かけて充電と一度で全部かけることができなかったんです。せっかく交換するならこの際長く使えるようにしたいですよね!

というわけで非純正品に決定です。

ダイソン掃除機交換用バッテリーが届いた

交換用のバッテリーが届きました。

小さい段ボール箱にプチプチ包装でしっかり梱包されています。

掃除機用の充電池の形はまったく想像していませんでしたが、どうやら持ち手の下部分が全部充電池だったようです。

電池という割りに大型だなあというのが感想です。

中に入っていたのは交換用充電池とネジとネットショップの保証書です。

詳しい電池交換の説明書は見当たりませんね・・・

純正品を注文すれば交換用の詳しい説明書もついていたのでしょうが、なくても何とかなります。

ネットで調べればやり方とかしっかりでてきます。ググリます。

ささっと交換してしまいましょう!

ダイソンの充電池を交換する方法

電池交換自体はとっても簡単。

スポンサーリンク

  1. 埃ためる透明部分をパカッとはずす。
  2. 電池を固定しているネジを2ヶ所はずす。
  3. 電池を下に引っ張って本体からはずす。
  4. 新しい電池をはめ込んでネジを2ヶ所とめる。

注意点としては

  • カップ内の埃が残っていると舞うので新聞紙の上でやる。
  • ネジは小さめなので細めのプラスドライバーのほうが良し。

まずは埃をためるカップを掃除するときと同じようにはずします。

粉っぽい埃が落ちてくるので新聞紙を敷いて作業することをおすすめします。

私は後で掃除機かけるからいいやとめんどくさがりを発揮したのでそのままです。

固定しているネジは充電するところの上部分に1つ。ちょっと奥まった場所なので最初はネジの頭が見えないかもしれません。

これはちょっとドライバーではずしかけなのでみえてます。

後はカップが接していた内側に1つあります。こちらのものは斜めに付いているので、回すときに力入れる方向を考えながら作業します。

ネジを取ってみましたが、交換用についていたネジのほうが若干短い・・・

大丈夫かな~と思いながらもやってみたらしっかり固定できたのでOK。

ドライバーが良くなかったのか、へたっぴなのか古いほうのねじ山がちょっと削れてしまったような・・・

交換するから問題ないですね!

これで下にはずせるようになります。

取り外したリチウムイオンバッテリー、古いやつと新しいやつ比べてみましたが、ラベルくらいの差しかわからないですね。

純正品はしっかりラベルにdysonのロゴが入ってます。

後はちゃかちゃかーっと新しい電池をはめて、ネジをねじねじ回して固定すれば出来上がりです。

以上のやり方は純正品も他のものも変わらず同じです。

微妙な形の違いで壁掛け用ラックに収納しづらい現象もあるので、壁掛け派で使っている人は口コミなどでざっと調べたほうがいいかもですね。

交換自体は簡単なことなのですんなり終わりましたが、途中でドライバーが空回りしたのでねじ山が潰れないか不安に陥りました。

個人的にはネジ付きでネジも交換できるほうがより安心。

まとめ

リチウムイオンバッテリーの寿命は大体500回充電を繰り返すと交換なんて聞きますが、使えなくなるときは急に使えなくなるのでさっさと交換したほうがいいです。

今回バッテリー交換してよかったのは、容量2倍で長い時間稼動するようになったことです。

あっちもこっちも掃除できるようになりましたし、車で使うときも便利になりました。

交換してから気づいたことは電源の充電中表示ランプが若干以前と違ったことです。まあ、説明書なくても大体分かるので困ることはなく、ちょっと違和感があるだけです。

これから交換するという方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(広告含む)