犬の夏には暑さ対策が大事。留守番時のエアコンは?

犬を飼ってみたい!

家庭の事情や家族のアレルギーの関係などで
今まで犬を飼ったことがないという人も多いと思います。

しかし、昨今の夏の暑さは尋常ではありません。

人間でも、体力がない人や冷房を使っていない人が
熱中症で倒れて緊急搬送というのも珍しくなくなって、
アスファルトの表面温度も目玉焼きが出来る有様。

犬を飼うにしても最低限の責任が伴いますし、
健康に夏を過ごさせるために予備知識が必要です。

そこで、簡単に犬を飼う上での夏対策をまとめてみました。

一度飼い始めれば責任を持たなくてはなりませんから、
大体のイメージを固めておきましょう。

スポンサードリンク

これから犬を飼ってみたいけど、夏の対策ってどうなの?

人間にも熱中症があるように、
犬にだって熱中症は存在します。

気温と湿度が高いと、
最悪の場合は熱中症にかかって、
命の危険だってあります。

そこで対策として一番手っ取り早い手段がエアコンです。

気温22℃・湿度を50%~60%に抑えると、
熱中症の危険をぐっと下げることが出来ます。

もちろん、それほど暑くなければ扇風機で送風してあげればOKです.

プラスアルファでひんやりするマットを購入したり、
保冷剤をタオルで巻いて犬の首にくっつけるなどの方法があります。

わんちゃんによっては見向きもしない子もいるので、
いろいろ対策を練るべきですね。

犬のストレス・運動不足を防ぐためにも散歩は必須ですが、
熱せられたアスファルトの上を歩かされるのは犬にとって拷問です。

犬の足の裏を見れば分かりますが、
肉球は毛に覆われていないので、
地面の熱をダイレクトに感じます。

当然そのまま歩けは火傷を負ってしまいます。

火傷を防ぐためには、

  • 犬用の靴下を履かせる
  • 地面の日陰を選んで歩く
  • 日が沈んでから散歩する

ということが必要です。

スポンサードリンク

犬を飼って一番心配なのが夏の留守番

犬を飼う上で一番心配なのが夏のお留守番のときですね。

エアコンつけ続けるのも電気代が
いくらかかるのか気になるところです。

エアコンの気温設定はおおよそ28℃にし、
ドライ機能があるならそれも使ってあげてください。

犬は人間よりも暑さに弱いので、
人間が暑く感じている段階なら犬は毛皮もありますから、
それ以上に暑く感じているのです。

犬が快適に過ごせる夏へ。エアコンをフル活用すると

気になる電気代の話になりますが、
大体一人暮らしの平均的な月の電気代は3000~4000円です。

そしてエアコンを一日中フル回転と仮定すると、
おおよそ7000円弱くらいの電気代費用がかかります。

エアコン機器の型や、電気のプランなど、
各家庭によって変わってくるので確実な数字というのは出ませんが、
目安としてはこのあたりです。

他の部分で節約できればそう無理なことではないですね。
電気代の節減は人の生活にも重要なことですから、
エアコンをつける前は換気をして出来るだけ温度を下げてからとか、
厚手のカーテンで直射日光を遮ったりして
基本的なな節電方法は抑えておくとよいでしょう。

エアコンをつけっぱなしでお留守番させるときは、
冷気の当たらない比較的暖かい場所も作ってあげてください。

寒い場所ばかりではワンちゃんも疲れてしまいます。
体の小さい子は特にそうですね。

まとめ

ペットの夏場の体調管理は大変そうですね。

コスト面でもなかなか痛い出費にはなってしまいそうですが、
個体によっては、クーラーマットに興味を示さなかったり、
エアコンの冷気が苦手な子も居るので
やはりそれぞれ様子を見て調整ということも必要です。

毛足の長い子なら
夏の間だけ少し短めにカットしてもらうと
イメチェンにもなっていいかもしれませんね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする