ちょっとかさばる・・・。機内持ち込みってキャリーOKなの?

飛行機内

普段飛行機に乗る機会が無くても、
キャリーケースなどの大きい荷物は、
荷物をカウンターで預けるイメージがあります。

カウンターはただでさえ、搭乗手続きで長蛇の列。
そんなとき、キャリーを預ける手間が省けたらどうでしょう?

今度は到着時に受け取る手間が省けて、随分楽になりますね。
飛行機に乗ったあとも荷物を待たずに、出かけることができます。

実際に持ち込みは大丈夫なのでしょうか。

スポンサードリンク

キャリーバッグの機内持ち込みは大丈夫?

大きい荷物を運んだり、
旅行の時に大活躍するイメージのあるキャリーバッグ。

最近のキャリーは1泊用の小さいサイズから、
2週間以上の荷物が入るものまで販売されています。

特に1泊用の小さいサイズは、
「小さいし、預ける必要あるの持ち込みできないの?」
と疑問に思いますね。

キャリーバッグの機内持ち込みはもちろんOK!

しかし、条件があります。

今キャリーバッグをお持ちの方は、
そのキャリーを機内に持ち込めるかどうか、
確認した方が良いかもしれません。

そしてこれから機内持ち込みができるキャリーの購入を検討している方は、
間違わないように買いたいですね。
LCC用のキャリーケースとうたっている、
SSサイズのかなりコンパクトな物まで販売されています。
一番はお店の方に聞けば間違いないです。

そして機内持ち込みの場合は、
自分の座席の上の荷物入れに、キャリーをしまいます。

そう、自分で持ち上げます(笑)

ほぼCAさんが手伝ってくれますが、
キャリー自体もなるべく軽いものが良いですよね。

軽くて丈夫な物を選ぶと良いかもしれません。

飛行機内に持ち込みできるサイズはどれくらいまで?

サイズ規定はあるものの、
ほとんどの航空会社が、
キャリーバックの機内持ち込みが可能です。

どのようなサイズが持ち込めるのでしょうか?

皆さんがよくご存じの航空会社の、
100席以上ある飛行機は、

3辺の和(高さ 55cm × 幅40cm × 奥行き25cm以内)の合計が115cm以内、
ハンドバッグと合わせた10kg以内の荷物

なら機内へ持ち込むことができます。

スポンサードリンク

100席未満の飛行機は、
3辺の和(高さ35cm×幅45cm×奥行20cm以内)の合計が、
100cm以内で、ハンドバッグと合わせた重さは10kg以内と、
変わりません。

ただ気を付けたいことがあります。
あまりギリギリのサイズでも、当日不安ですね。

どうしても機内に持ち込みたい事情がある場合は、
当日になって、「結局持ち込みできなかった~」
となると、多少なりとも悲しい気持ちになります。

そんな結果にならないように、
先に航空会社に問い合わせてみるのが、
一番安心な方法です。

最近は格安航空も多くなっています。

少し規定が違う航空会社をご紹介します。

JetStar

手荷物とは別で、エコノミークラスでは7kg、
ビジネスクラスでは14kgまでとされています。

http://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/carry-on-baggage#cabin-bag-w 

AirAsia

ジェットスターと同じく、
手荷物とは別に7kg以下とされています。
また複数の荷物を紐などで縛ったとしても、
1つとカウントされません。
荷物が多数あるときは、
他の方法を考えておいたほうが良いかもしれません。

http://www.airasia.com/jp/ja/baggage-info/cabin-baggage.page

ご自身の搭乗する航空会社を確認し、
当日荷物と一緒に、スムーズに飛行機に乗りたいですね。
また荷物は少しでもオーバーしてしまうと、
追加料金を支払い預けることになってしまうので、注意が必要です。

まとめ

サイズ規定はあるものの、
基準を満たせばキャリーケースは、
機内に持ち込みが出来るということがわかり、
一安心かと思います。

そして大切なのは、乗る飛行機の座席数によって、
荷物の大きさも変わってきます。

きちんと確認しましょう。

JetStar、Airasiaなど格安航空は、
持ち込み可能な荷物のサイズが小さくなります。
頭に入れておきたいですね。

初めての飛行機だと、なにからなにまで不安ですよね。
ゆっくり時間をかけて調べれば、
旅行当日はパニックにならずに済みます。

余裕を持って行動し、楽しい旅行にしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする