鎌倉の紫陽花の見頃。一人旅おすすめコースは?

紫陽花の写真
思い立って一人旅してみたくなるときがあります。

誰とも予定が合わないけど、
休日をただ過ごすのは勿体無いなという人におすすめしたいのが、
この時期見頃の鎌倉の紫陽花です。

鎌倉といえば紫陽花寺という代名詞も付くくらい
美しい紫陽花で有名ですね。

お寺巡りと、紫陽花観光を一度で味わえる時期ですよ。

スポンサードリンク
  

鎌倉の紫陽花の見頃は?

せっかく鎌倉の綺麗な紫陽花を見に行くので、
やっぱり見るなら一番綺麗に咲いているときに行きたいです。

紫陽花が群生しているところは全国各地にありますし
わざわざ鎌倉まで来たからにはまだ咲いていなかったとか、
咲き終わってちょっとボロボロになってた、
なんていう事態は絶対に避けたいです。

ではいつが見頃かというと、
例年は6月初旬に開花が始まります。

このときに行ってもつぼみが多くていけません。

なので開花が始まって2週間くらい後、
6月中旬からが紫陽花のベストシーズンです。

紫陽花って本当にポンポン花が咲いて見ごたえありますよね。
桜とかは葉っぱが出てくるとあまり綺麗に見えませんが、
紫陽花は葉っぱがあってこそ花が映えるんです。
葉っぱは最高の引き立て役ですね。

見頃は大体6月中旬から7月初旬となっています。

これを過ぎたあたりだと、
咲き終わった花を切って手入れしていたりで、
物悲しい感じなので注意してください。

その年の気候によって早まったり、遅くなったりするので
事前に確認が必要です。

まぁ、もしも残念な時期だとしても
鎌倉には観光スポットがいっぱいあるので、
紫陽花は来年にかけるのもよしです。

鎌倉の紫陽花はここがおすすめ

鎌倉には紫陽花寺とも呼ばれる名所が数ヶ所あります。

明月院

境内を埋める数千本の紫陽花が美しい鎌倉でも有数のお寺です。
紫陽花はほとんどが日本の品種である「ヒメアジサイ」で
他のものに比べるとやや小ぶりの花が可愛らしく、
紫陽花の時期には平日でも順番待ちが発生する位人で混みあいます。

長谷寺

長谷寺のご本尊は日本最大級の木造の仏像として有名です。
十一面観音像は9.18mで、その大きな様は印象的です。
境内の見晴台からは由比ヶ浜が一望でき、美しく広がる海を堪能することが出来ます。
こちらも多くの紫陽花が植えられていますが、
明月院が青い紫陽花で統一しているのと対照的に
40種類以上の紫陽花が植えられさまざまな色を楽しむことが出来ます。

関連記事:鎌倉のあじさいといえば長谷寺。見頃と混雑を避けるには?

成就院

参道沿いに咲く紫陽花が迫ってくるような坂を上りきったら、
紫陽花と共に由比ヶ浜が望める、鎌倉一の紫陽花撮影のスポットです。

ただし現在改修中で紫陽花自体も植え替えられているので、
紫陽花が元通りに成るまで数年かかる見込みです。

鎌倉の紫陽花はとっても綺麗ですが、
散策の道は狭くて入場規制がかかることがあります。

混んでてもそれだけ見る価値があると考える人が多いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

鎌倉の紫陽花を巡るコースは?

鎌倉の紫陽花を巡るならこちらのコースはどうでしょうか。
紫陽花の名所を押さえつつ、鎌倉の有名所を組み込んでみました。
結構歩くコースなのでちゃんと運動靴で挑んでくださいね。

鎌倉紫陽花おすすめコース

北鎌倉駅にて下車

  ↓(徒歩)

明月院(紫陽花見学)

  ↓(徒歩)

去来庵にて昼食(ビーフシチューが有名で人気店なので結構待つかも・・・)

  ↓(徒歩)

鶴岡八幡宮(お参りをしましょう)

  ↓(徒歩)

小町通(いろいろ見て歩くのが楽しいです)

  ↓(徒歩)

鎌倉駅

  ↓(江ノ電)

極楽寺駅

  ↓(徒歩)

極楽寺(こちらも十数種類の紫陽花が咲いています)

  ↓(徒歩)

長谷寺

北鎌倉駅~鎌倉駅

極楽寺駅~長谷寺

一人旅で都合がいいところは、
混んでたら臨機応変にコース変更が出来るところですね。

これを参考にして自分の行きたいところを追加しても大丈夫です。

自分の体力の許す限り歩き倒してくださいね。

まとめ

私も一人でよくでかけることがあります。
ただだらだら出かけるよりは、
いくつか目的を持って計画を立てるのが楽しいです。

女性の一人旅でのお寺巡りも結構実践している人がいるので、
場違いかな、と思わなくなったのが良いですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする