眉毛って抜くのと剃るのどっち?手入れの方法と美容室について

眉毛の写真
眉毛って人の顔の印象に大きく関わってくる部分ですから、ちょっと整えてあげると顔自体の印象もぐっと変わってきます。

でも実際にお手入れってどうすればいいのか、失敗したくないからこそ迷いますよね。

眉毛って抜くのか剃るのか、手入れはどうしたらいいのかということをまとめてみました。

はじめて手入れをするという方はぜひ知っておいていただきたいです。

スポンサードリンク
  

眉毛って抜くのと剃るのどっちがいいの?

眉毛って手入れをいざしようと思っても、まず抜くのか剃るのかというところでいったん手が止まりますよね。
一見、抜いたほうが毛が見えなくなるし、頻繁に整えなくても長持ちするからいいかなと思いますが、デメリットも存在するんですよ。

眉毛を抜くということ

眉を整える上で、小さな毛抜きを使って不要な部分の毛を抜くという人は大多数居ます。メリットとしては、根元から抜くのでしばらくは生えてこず長期的に眉の形状を保てること、根元部分の毛もなくなるので剃った後に残る短い毛の黒がなくなることです。これだけを見るととてもいいことと思えますが、実際には落とし穴というかデメリットも存在するんです。

抜くことについて、まぶたが垂れてしまうから良くないと聞いたことありませんか。
実は眉毛の部分は皮膚が薄くて非常にデリケートになっています。
抜いたとき涙が出るくらい痛いですよね。

そこを頻繁に引っ張ったり刺激を与えていると、眼瞼下垂という瞼が垂れてしまう状態になってしまうのです。
加齢と共に瞼も落ちてくるのが普通ですが、それが早まってしまうということですね。

先ほど抜くことで眉毛の形状が長く持つといいましたが、もーっと長い目で見ると老化を早めてしまいかねない可能性があります。

ちょっとだけ抜くくらいなら問題ないですけどね。

もうひとつ大きなデメリットが、抜いていくうちに毛穴が弱って新しい毛が生えなくなることです。
えっそれっていいんじゃないの?と思いますよね。
でも、眉の手入れの仕方が分からないから手当たり次第に抜いてみたりした人は眉毛が生えなくなって悲鳴を上げています。後は眉の形を変えようとしても変えられなくて結局毎日手書きしている人も居ます。
生えなくなってからでは遅いのです。

眉毛を剃るのはどうなの?

じゃあ今度は剃るほうがいいのかという話になりますが、こちらもメリットでメリットが存在します。
まず、眉毛を一本一本抜くよりは速くて簡単です。形も整えやすいし産毛も除くことが出来ます。剃っても根元の部分は残っているので、もし失敗しても抜くよりは早く再生します。

ではデメリットはというと。
根元の毛が残るので綺麗さっぱりとはいえないことですね。遠目からはもちろん分かりませんが、至近距離から見ると剃った後は分かりやすいです。眉の薄い人はともかく、剛毛の人はここも悩みどころですね。

後は剃るということは肌に少なからず負担をかけているということです。これは他の体の部分にもいえますが、多少は仕方ないことですね。

じゃあ結局どっちがいいの?

どっちがいいかという結論は・・・、

眉毛を根元からはさみでカットしましょう!

おっと、違う手段が出てきてしまいましたが、肌に一番刺激が少ない方法がこれです。
基本的にははさみを使って手入れをして、どうしても気になる部分だけ剃ったり抜いたりを組み合わせることが一番いいみたいです。

まゆ用のはさみをはじめて使うときはやりにくいと思いますが、何度か使ってくるうちに慣れてきますので頑張りましょう。
私も、始めのころは加減が分からなくて眉毛と一緒に瞼をはさみそうになったりしました。
流血沙汰にはなりませんでしたので安心してください。

眉毛の手入れの方法は?

眉毛を処理するにははさみを使います。

まずは自分に合った眉毛のテンプレートなどを用意します。ペンシルで自分の眉に形を濃い目に書いていきます。

そうやって指針が決まったら、はみ出た部分の毛を処理していきましょう。
眉カット用の小さいはさみを使っていらない部分の毛を一本一本根元近くからカットしていってください。

それぞれのけの長さが長すぎたりまばらだと、整えるのに毛先が邪魔になるので眉のコームを使います。
眉を軽く梳かして下から上に動かすとはみ出している毛が分かるので、その部分をカットしましょう。

はさみでは対応しきれない細かい毛は顔剃り用のシェーバーを使います。眉尻からこめかみ、もみあげにかけての産毛も一緒に取ってしまいます。眉間も忘れずに。

処理した後は保湿を忘れずにしましょう。
剃ったりして毛穴が傷ついている状態で放置するとにきびの原因にもなります。

スポンサードリンク

眉毛を手入れするのは美容室がいい?

眉毛を整えるのは美容室がいいというのはなぜでしょうか?

それは、髪と同じように素人が安易に手を出すと失敗する確率が高いからです。
形を整えようと四苦八苦するのは仕方ないことですが、失敗して眉なしになったり、いかつい眉になって人相が怖くなったりと失敗談には事欠きません。

今では、眉毛のテンプレートとか普通に売っていますが、見よう見まねで失敗したりしますからね。

美容師の人は眉のことについても勉強しているので、
いろいろ聞くことが出来ますし、毛質で自分で整えられなくて困る人も始めは美容室で整えてもらうことをおすすめします。

始めから形を決めて手入れするのは大変ですが、
一度形を決めてもらったものは
ちょっとした手入れで長く持たせるのはとても楽です。

いずれはすべて自分で出来ることが目標ですけど、
失敗する確率が高いものにあえて挑戦する必要はないと思うのです。
レベルアップには経験値が必要ですよね。
出来ることからこつこつしていきましょう。

まとめ

どうでしたか。

眉は人のパーツの中でも最も印象深い部分です。
毛を抜くのは眉が生えなくなったり、瞼がたるんだりとデメリットがあるので、はさみカットや剃ったりして手入れをするようにしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする