防犯カメラを屋外につけると安全?ダミーカメラや効果について

空き巣や強盗など、様々な事件が起きる現代社会では
自分の家の安全は自分で守ることが必要です。
特に、そういった犯罪で狙われやすいのが、
高齢者の一人暮らしです。
自分の身は自分で守らなければいけないとは言っても、
体を張るわけにもいかないし、だからといって
セキュリテイーを万全にするには費用がかかる…

そんな方に、ぜひ実践してほしいのが
ダミーの防犯カメラの設置です。
「ダミーって本当に意味があるの?」と
疑問に思う方も多いと思いますので、
今回はその効果と、設置する際のポイントを
簡単にご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

防犯カメラのダミーってつける意味はあるの?

ダミーカメラとはその名の通り、
防犯カメラの偽物で、空き巣や泥棒の侵入を
未然に防ぐために設置するものです。

本物の防犯カメラをつけるとなると
高額な費用が必要となりますので、
あまりお金をかけずに防犯をしたいという方は
ダミーカメラの設置がおすすめです。

実際に映像を撮影することはできませんので、
事件が起きた後の証拠などにすることはできませんが、
ダミーカメラを見えるところに設置しておくことで、
「監視をしている」というアピールになり、
空き巣から狙われにくくするという、犯罪の抑止効果が期待できます。

ダミーカメラの選び方

ダミーカメラは機能面では、外観が防犯カメラに見えれば
それだけで十分とも言えます。
ビデオカメラのようなタイプの形状のものよりも、
ハウジング型カメラ(ハウジングの中にカメラが収納されているもの)
であれば、カメラ自体は見えず、
本物の防犯カメラと外観は全く変わらないので、
空き巣も区別がしにくいです。

また、ダミーカメラは、インターネットでは、
1000~3000円でも購入することができますが、
あまりにも安価なものを「とりあえず何でもいいからつけておこう」
という気持ちでつけることは良いとは言えません。
むしろ、それがダミーであると見抜かれた際に、
「いい加減な人」「セキュリテイーの甘い人」が住んでいると
思われてしまい、かえって標的にされてしまいかねません。

スポンサードリンク

少々手間はかかりますが、実際にお店に足を運んで、
質感や外観を自分でよく確認してから、
購入することをおすすめします。

また、最近では、LEDライトが点滅するタイプの
ダミーカメラがありますが、これには要注意です。
LEDの点滅は、カメラの「録画中」を表現しているのですが、
実は実際の防犯カメラの大半ではライトは点滅しないのです。
そのため、防犯システムに詳しい人間であれば、
点滅していることでダミーだと見抜いてしまうこともあります。

ダミーカメラは、とにかく「いかに本物に近い外観か」
という点で、よく見極めて選ぶようにしましょう。

ダミーカメラを屋外につけるときのポイントは?
ダミーカメラは、基本的には本物の防犯カメラと
同じような場所に設置します。
駐車場、玄関、窓際、ベランダなどが一般的です。
明るい場所でまじまじと確認できるような場所につけてしまうと
ダミーだと見破られてしまう危険がありますので、
高くて、少し暗い位置に設置しましょう。

大切なポイントは“ダミーだと見破られないこと”です。
そのため、空き巣や泥棒といった犯罪のプロを
いかにだますか、というところに重きを置いて設置場所を考えましょう。

例えば、セメントの壁に、ダミーカメラだけをつけただけでは、
「配線はどうなっているんだ?」と怪しまれ、そこから
ダミーカメラであることがばれてしまいます。

駐車場や、窓などにむき出しでカメラがあるのも
本物の防犯カメラであれば、防水の面から考えてありえません。

そういったちょっとした間違いから、
空き巣たちはダミーを見破ります。

そのため、設置をする際にはまず、
「本物の防犯カメラはどのように設置するのか」
をよく調べて、矛盾や不自然さがないように設置することが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
費用を抑えて防犯対策をしたいという方は
ぜひ、ダミーカメラという方法を検討してみてください。
もちろん、カメラをつけたからといって油断せず、
日々の戸締りなどを抜かりなくおこなって
「用心深い家だ」ということを、空き巣たちに
認識させて、ターゲットにされないようにすることも
忘れないようにしましょう♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする