水泳にコンタクト+ゴーグルは外れる危険が!水中メガネの度付きは?

水泳
皆さん運動はしっかりしていますか?

働いている人はどうしても運動不足になりがちなので、
健康維持のために水泳を始める人も多いですね。

仕事帰りのジムとかでひと汗流して健康的な生活を送るのも素敵です。

プールを始めるときに水着やらなんやら揃えなくてはいけませんが、
目が悪くて近視の人はゴーグルどうしようかという問題があります。

コンタクトをどうしても使いたい!

気持ちはわかります!
でもちょっと待ってください。

スポンサードリンク

水泳でコンタクトをしたままゴーグルは危険?

水泳でコンタクトを使用するのは基本的に危険です。

コンタクトを使用するときに起こりうるものとしては、

・水が入ったときに簡単に取れる
・海水や塩素がかかるとコンタクトに悪影響
・ハードコンタクトなど高価なものを紛失する
・紛失したコンタクトを他の人が誤飲する

などなど、
目の健康だけでなく、
様々な問題があります。

水が入ったときに簡単に取れる

コンタクトを使用している人はもちろんご存知かと思いますが、
コンタクトって少しの水分でもすごーく取れやすくなってしまうんです。

コンタクトレンズは涙の表面張力で角膜にくっついています。
余計な水分が入ってしまうと表面張力が失われ、
あっという間に取れてしまいます。

台所仕事ではねた水滴が目に入ったことがありますが、
それだけで一瞬でずれてしまって、
作業を中断することがありました。

すぐに対処できるときは安心ですが、
水泳中だと
周りに人がいてぶつかり危ないですし、
直すためには一旦水から上がる必要があります。

ゴーグルを着用していても
ゴーグル自体が外れてしまったり、
浸水する可能性も高いです。

ずれて痛いし涙でにじむので、
落ち着ける場所に行くまでが結構大変ですよ。

海水や塩素がかかるとコンタクトに悪影響

眼というのは人体の中でも、
繊細な場所の一つです。

そこに使用するコンタクトレンズも、
衛生的に正しく使う必要がありますよね。

水中という場面での使用は想定されていませんので、
塩分濃度が高い海水や、
消毒がたくさん使われているプールなどの水は、
コンタクトレンズに大変な悪影響を与えます。

ハードコンタクトなど高価なものを紛失する

コンタクトレンズも使用用途によってピンきりです。

一万円以上の高価なコンタクトレンズを
紛失する危険にはさらしたくないですよね。

運よく、
コンタクトレンズしたまま無くしてないでーす!
って言う人もいますが、
紛失する可能性は低くは無いので楽観視はやめましょう。

紛失したコンタクトを他の人が誤飲する

うっかりまばたきしたときに落ちてしまったコンタクトレンズを、
同じ場所で泳いでいるひとが飲み込んでしまうという危険があります。

確率的にはそれほど無いと思いますが、
使用済みのコンタクトレンズを飲み込んでしまったら
と思うと他人事ではないですよね。

市営プールや海などでは子供も多いです。

周りの人のことを考えるとやはりコンタクトレンズは
控えたほうがいいでしょう。

もし自分が、
と考えるとウエーって感じです。

水泳のゴーグルが外れるのを防ごう

それでもどうしてもコンタクトを使いたい!というなら
すべて自己責任です。

用意する費用や時間が無いというときもありますよね。

そんなときはなるべく水をかぶらなければ危険性は多少抑えられます。

プールに飛込みするときが一番ゴーグルが外れてしまうことが多いです。

できるだけ避けるか、
飛込みをするときは顎を引いて
頭からしっかり正しいフォームで突き刺すように飛び込みます。

また、飛び込み時にはまばたきをしないようにするのが基本です。

飛び込み時に限らず、
ゴーグルの劣化やフィット感が不足しているせいで、
ゴーグル内に浸水してしまうこともあります。

事前にしっかりつけられるか、
浸水しないかのチェックをあらかじめやっておきましょう。

ゴーグルの寿命は意外と短いので
買い換えが必要かもしれません。

コンタクトとゴーグルを一緒に使用するときは、
なくしてしまうことを前提でワンデーの使いきりを
用意してくださいね。


スポンサードリンク

コンタクトと水中メガネ度つきはどっちがいい?

最終的な判断としてはコンタクトレンズよりも、
ゴーグルを買ったほうがいいです。

一日だけなら、
応急処置的にコンタクトレンズを使ってもいいかなと思いますが、
水泳教室やアクアビクスなど長期間にわたって使うなら
眼の健康のためにも必要経費として度付きゴーグルを用意してください。

2000円~4000円くらいの価格帯もありますので、
それほど高価ということは無いですよね。

大型スポーツ店やシーズン中の眼鏡屋さんにも置いてありますが
事前に電話で聞いたほうがいいかもしれません。

ゴーグルをはずしたら周りが見えなくなってしまうので、
基本的には休憩中以外は付けっぱなしになります。

荷物を置く場所に普段使いのメガネを置いて、
水から上がって休憩するときに付け替えるようにすれば
問題はないかと思います。

ゴーグルやサングラスをしていると
ちょっと怖い印象になっちゃいますけどそこはドンマイです。

まとめ

意外と眼が悪い人が多く、
水泳のときに悩んでいるってひとが結構います。

コンタクトをそのまま使用しているという方も多いですが、
コンタクトを使う際はリスクや安全を考えて自己責任で使ってくださいね。

私は昔は目が悪くて、
プールサイドなどは見えないと本当に危険でした。

床と同じ色の何かが落ちていてもわからないし、
プールの先生の顔が見分けられないので、
違うグループに混ざってしまったり。

楽しい水泳ライフを送れる参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする