水着でも恥ずかしくない!背中のムダ毛の処理の方法は!?

ƒvƒŠƒ“ƒg
夏になると近づいてくる“水泳”の授業。
水泳の授業がない学校でも、夏休みには友達と海に行くという子も
たくさんいると思います。

そんな時に不安になるのが“背中のムダ毛”ですよね。

普段はあまりお手入れをしない場所だから
いざやるとなってもどうしたらいいのかわからない・・・

でも背毛ボーボーなところなんて見られたくない・・・

実は背中の毛は、水に塗れると結構目立つんです!

そんな姿、ぜったいに見られたくないですよね。

そこで今回は、そんなみなさんのために
背中の毛の処理の方法をご紹介します!

背中のムダ毛をセルフで処理するにはどうしたらいい?

背中の毛の処理は大人であれば、脱毛サロンにいったり
家庭用の脱毛器ーを購入することもありますが、
なかなかそれは難しいですよね。

背中の毛を処理するには以下の方法がお手軽です。

・S字シェーバーで剃る
普通のシェーバーよりも柄が長く、背中まで届くので便利です。

手軽なやり方ではありますが、怪我をしてしまう危険もあるので、
合わせ鏡に似てよく確認しながら、丁寧に剃るようにしましょう。

・除毛タオルを使う
市販されている産毛をとるタオルや、ムダ毛処理のタオルを使うことも
おすすめします。ちなみに私はこの方法が一番好きです。

入浴時に体を洗ったついでにできるので、とても簡単です。

デメリットとしては、他の方法ほど効果が強くなく、また、
表面に生えている産毛を抜くだけなので、効果が一時的であるということです。

・除毛クリームを使う
薬局で1000円以下で購入することができます。

スポンサードリンク

怪我をする危険もなく、とても手軽にできますが、
人によっては肌が荒れてしまうこともあるので、
事前にテストをしてみてから実践するようにしましょう。

・親や姉妹に頼む
これが一番確実な方法です。お母さんや、お姉さんがいれば
手伝ってもらい、背中の毛を剃ってもらうのが良いでしょう。

自分でやるよりも確実に綺麗にできます。

肌に負担をかけずにムダ毛を薄くする方法は?

体のどの部分にも共通して言えることですが、
ムダ毛の処理は肌に大きな負担がかかります。

せっかく綺麗に毛を処理しても、肌が荒れてしまっては残念すぎます。

背中のムダ毛処理をする際には、必ず十分なケアを行いましょう。

・処理する前
かならず、シェービングジェルやフォーム、
ない場合は、泡立てたボディソープをたっぷり塗りましょう。

なにも塗らない肌に直接刃などをあてるのは、とても
大きなダメージになるので絶対にやめましょう。

・処理中
毛の流れに沿って処理するようにしましょう。

背中の毛の流れに合わせて、まずははうなじから下へ
次に肩甲骨から中心に向かって、
最後に肩甲骨から肩にむかって処理するようにしましょう。

・処理後
剃り終えたら、冷やしたタオルなどで冷却をしましょう。

十分に冷却をしたら、次に、ボディクリームなどをつかって
十分な保湿をしましょう。

手が届かないところは、タオルなどにクリームをつけて
背中を洗うときのようにこすると良いでしょう。

赤みやかゆみ、痛みのあるうちはクリームは塗らずに
冷却をして様子を見ましょう。

症状が落ち着いたら保湿をして、処理は終了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

背中は自分ではなかなか見えないけれども、
他人からは見られるパーツです。

背中の毛の手入れをしっかりとして、
後ろ姿もばっちり美しい「背中美人」になりましょう♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする