かき氷シロップの期限は?うっかり余ったときの利用法

かき氷の旗の写真
夏のおやつにかき氷を楽しむ人はたくさん居ると思いますが、
シーズンが過ぎそうなのに買ったシロップがたくさん余りそうという人はいませんか。

シロップって結構賞味期限が長いですが来年に取っておくには時間が経ちすぎて
不安が残りますよね。

そこで、シロップの使いきりの目安と余ったときの利用法を紹介します。

スポンサーリンク

  

かき氷シロップの使用期限は?

かき氷シロップを購入すると大体の賞味期限は一年後くらいになっていますね。

添加物や糖類も多いのでかき氷シロップは結構長持ちします。

未開封のかき氷シロップなら賞味期限が1年くらい過ぎていても、
風味は少し劣化しているかもしれませんが、十分に食用に耐えます。

ただ、未開封のものならいいのですが、
夏に使って開封済みのものは一年以上過ぎていたらもう控えたほうが無難です。

とはいっても結構長持ちするので、
開封済みのものでも冷蔵庫保存していれば半年程度は使用できます。

夏が過ぎちゃうと焦って消費しなくても他にも使い道はあるので、
短期間に大量に使ってしまうのはやめてくださいね。

勿体無い精神が発生するのは日本人の性ですし、
使い切りたい気持ちも分かりますが気長に消費していきましょう。

かき氷シロップは夏だけのものというイメージがありますが、
秋にも冬にも使う機会はちゃんとありますよ。

かき氷シロップが余ったら

かき氷シロップが余ったという人は結構いますし、
家庭でかき氷を作って食べたという方なら一度は経験したこともあると思います。

私の家でも一度かき氷シロップを使って余ったものが
一年以上冷蔵庫に残っていたことがあります。
来年使えばいいやと思っていても、
結局その年はかき氷を作らなくなってて破棄したこともありますね。

日常に使えるものとしては、
ヨーグルトにスプーンで2杯くらいかけたり、
水2:シロップ1で冷凍庫で凍らせてシャーベットにしたり、
大さじ2杯を炭酸割りにしてみたり、牛乳割りにしてみたり、
お酒に混ぜるときれいだったりします。

メロン味を使って炭酸割りを作れば、
家で簡単にメロンソーダが出来ます。
その上にアイスを乗せたら完璧ですね。

甘ったるすぎていやだという人はレモン汁を加えるとすっきりした味わいになりますよ。

さらに色鮮やかなシロップが多いので、
お菓子に彩りを加えたいときなどに使用すると、
着色料を別に用意しなくてもカラフルなゼリーなどが作れます。

こんなお菓子はハロウィンやクリスマスに出すと反応がよく、
子供も喜ぶのでおすすめですよ。
パーティーなどをするなら計画的な消費も見込めます!

スポンサーリンク

かき氷シロップの利用法は?

かき氷シロップで簡単なお菓子も作れます。

かき氷シロップを使ったゼリー

使う材料
かき氷シロップ 100cc
水 200cc
ゼラチン 5g

耐熱容器に材料をすべて投入したら、レンジで3分くらい温めます。
ゼラチンがきちんと溶けているのを確認したら、
それぞれ小さな容器に流し込んで粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

かき氷シロップを使ったグミ

かき氷シロップ 大さじ1
水 大さじ1/2
粉ゼラチン 3g

耐熱容器かマグカップに材料を入れてレンジで約20秒加熱します。
ゼラチンを溶けるまでよく混ぜたら、スプーンなどで型に液を流し込み、
冷蔵庫に30分以上固まるまで冷やしたら出来上がりです。

まとめ

どうでしたか。

余ったかき氷シロップにも結構使い道があるので、
夏が過ぎてもおやつとして食べられます。

子供がかき氷に飽きたらこんな感じにリメイクしてあげてもいいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする