御朱印帳の使い方。裏面は?お寺と神社で混在してもいいの?

御朱印帳の写真
御朱印帳は大きめの寺院や、文具店、通販などでも手に入りますが、
実にさまざまな種類があります。

気に入ったデザインのものを使ってかまいませんが、
ちょっと気になる御朱印帳の基本的な使い方をまとめてみました。

スポンサードリンク
  

御朱印帳の使い方

御朱印帳は納経帳や御宝印帳などともいわれ、
寺や神社でいただく御朱印を集めるものです。

購入できる場所は大きめの寺院や文具店のほかに
ネット通販でも多数取り扱われています。

御朱印帳を手に入れるまでは簡単ですが、
この御朱印帳はどうやって使えばいいのでしょうか。

御朱印帳の構成

御朱印帳は表紙と中にある和紙(奉書紙など)で出来ています。
表書きに「御朱印帳」と書いてあるものや自分で書き入れるもの、
蛇腹式と紐綴じ式がありそれぞれ特徴があります。

蛇腹式
御朱印をいただくときは最初の頁から順番どおりに書かれていきます。
自分の参拝した寺院の軌跡が一目で分かります。

紐綴じ式

右側をヒモで綴じられています。
比較的薄い紙が使用されているので、一枚の表面だけを使うのが特徴です。
霊場巡りでよく使われており、順番の並び替えが可能です。

御朱印帳を購入したら

まずは名前を書くところがあれば書きます。
表書きに「御朱印帳」という文字と一緒に書く人もいますが、
人によっては嫌がられることがあるので、
出来れば裏のスペースに書くようにしましょう。
名前シールとか使っていいですよ。

御朱印所が混雑しているときは、
御朱印帳だけ預かってしばらく時間がかかることがありますので、
そのとき自分の御朱印帳が紛れてしまわないためにも必要です。

もしくは最初の1ページ目の御朱印をいただくときに、
お願いしてみましょう。
自分で書いた文字ってあんまり綺麗じゃなくて
困るって言う人は書いてもらったほうがいいかも。

私はサインペンで自力で汚い字を書きました。
一応心を込めて書きましたが、
履歴書書いたときを思い出しました・・・

御朱印帳の使い方で裏面はどうする?

御朱印をいただいていくと、
表の紙がすべて埋まってしまうことになります。

すると新しいものを用意しなくてはならないのかという話になりますね。

「裏の面に御朱印をいただくのは失礼だ」
という意見もありますが、裏面に御朱印をいただくことは
特にマナー違反には当たりません。

紐綴じ式の御朱印帳は薄い紙で出来ているので、
裏面に書くのに適しませんが、
蛇腹式に使用されている和紙は厚い紙でさらに二重になっていますので、
裏移りを気にする心配はありません。

御朱印帳を表だけ使用するか、裏だけを使用するかは
個人的な好みになりますね。
どうしてもにじみや裏移りが気になる方は
もちろん表だけで問題ありません。

見栄えを気にする方は表だけ使って、
かまわない方は両面使ってください。

スポンサードリンク

御朱印はお寺と神社で混在してもいいのか

御朱印の発祥はお寺ですが、現在では神社でも参拝の証として御朱印をいただくことが出来ます。

一緒くたに見られてしまいがちですが、
お寺と神社は外国を起源としているか、日本を起源としているかで、
明確に違うものです。

両方から御朱印をいただくことが出来ますが、
それらの違いから一緒に御朱印帳に混在させてもいいものか迷います。

でも実は、
特にルールはなくお寺のものと神社のものを混在させてもかまいません。

分けたい人は御朱印帳ごとに分けている方もいますし、
本職の方に聞いても特に問題ないとのことでした。

安心して御朱印をいただいて大丈夫です。

まとめ

なにか明確なルールがあるかと思いきや、
御朱印帳についてはあまり決まりはなく結構ゆるい感じです。

種類や柄についてもさまざまなものがあって目に楽しい感じですから、
ぜひ挑戦してみてください。

御朱印帳についてはゆるいですが、
参拝やもらい方などのマナーはしっかり押さえて御朱印をいただいていきましょう。

関連記事:お寺の御朱印をもらう際のマナーと参拝。御朱印のもらい方は?
神社で御朱印をもらうin小さい神社。正しい参拝と境内の社務所

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする