サンシェードと車と赤ちゃん・UVカットとチャイルドシート対策

チャイルドシートの写真
夏も暑くなってくると、
赤ちゃん連れてのお出かけも大変ですね。

紫外線の問題もあり、
赤ちゃんに日光を当てないほうがいいという話もあります。

ただでさえデリケートな赤ちゃんを車に乗せるときは、
ある程度の対策が必要です。

チャイルドシートは当然として、
その他サンシェードなども用意してあげましょう。

スポンサードリンク
  

サンシェードは車につける?赤ちゃんの日よけ対策

赤ちゃんの日光浴は、
ビタミンEを体内で作るためにもある程度は必要ですが、
近年の日差しの強さは、大人だって参ってしまいますよね。

買い物とか、車で移動することは便利ですから、
赤ちゃんを連れて移動したりもよくします。

でもそのとき、窓ガラスから入る太陽光を浴び続けると
赤ちゃんの肌に思わぬダメージを与えかねません。

大人はメラニンを生成する能力が出来ていますが、
赤ちゃんはその機能が未発達なのです。

なのでサンシェードをつけて対策してあげる必要があります。

カーテン上のものや、上部をアームで固定するスポットサンシェードなど、
車種や大きさに合わせて選びましょう。

スポンサードリンク

チャイルドシートに直接取り付けるタイプもありますが、
赤ちゃんの様子が見えないため避けたほうが無難です。

サンシェードを車につけるときUVカットはどうする?

赤ちゃんの皮膚は弱いので、UV対策も必要ですね。

上記のサンシェードでUVカット機能がついたものを選ぶことも必要です。

日焼け止めも忘れずにつけてあげてください。

大人用の強力な日焼け止めは肌に負担がかかるので避けます。

ベビー用の日焼け止めは肌に優しいですが、
2時間ごとに塗り直しが必要です。

特に日差しが強くなる4月から8月にかけてはより注意が必要ですね。

サンシェードの他は?車のチャイルドシートの熱

日差しが照りつける夏の暑い日に、
車に乗り込んでハンドル握ったら火傷しそうなことありませんか?

真夏の日の車内温度は70℃以上とか非常に高いです。

当然、車内に入れっぱなしのチャイルドシートもあっついです。

早く出かけたいときの対処は、

  1. チャイルドシートにタオルを巻いた保冷剤をいくつかつめる
  2. 窓を全開にして
  3. エアコンをつけて
  4. 外気温と同じくらいになったら窓閉める

これが最速ですね。

もともと赤ちゃんは汗っかきなので、
乗った後もこまめに見てあげてください。

保冷剤はいくつかあると重宝しますよ。

わざわざ買わなくても食品に入ってたので大丈夫です。

まとめ

車はちょっと地方に行くと絶対に必需品ですし、便利です。

赤ちゃんが泣いてしまっても、慌てずに落ち着ける場所で対応してあげてください。

安全第一です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする