白髪は抜くの切るの?隠す方法と予防改善について

頭髪の写真
朝鏡を見て寝癖を直しているときにふと見てみると、
ちょん、と控えめに主張している白髪が・・・!

さて、あなたならどう対処しますか?

スポンサードリンク
  

白髪は抜くのと切るのどっちがいいの?

白髪は抜くと増えるという話を聞いたことありますか?

何が元だか分かりませんが、結構広い間で広まった話なので
大多数の人が聞いたことがあると思います。

私も友達に「あ、白髪」と言われて、
昔は抜いちゃえ抜いちゃえと言う勢いで毎回抜いていましたが、
実はこれって良くないことなんです。

散発的に少数発生する白髪を抜くこと自体は別にかまわないそうですが、
同じ場所にある白髪を抜くとそこだけ本数が減ります。
で、生え変わってくる髪って大体元のと同じ白い髪ですから、
再び抜いてしまうということを繰り返します。
するとその生えている毛穴に刺激がたびたび行くことで、
だんだん生えてこなくなると言う落とし穴があります。

なのでポツリとある白髪は出来るだけ抜かないで、
根元付近から切り落とすのが正解です。

今は問題がなくても年齢を重ねていくにつれて、
その1本を後悔する日が来るかもしれません。

それに若い人でも白髪がある人は珍しくないので、
10代からあってもそんなに気にしなくてもいいと思いますよ。

本当に悩んでいる人は小学生くらいのときから
白髪のせいで頭全体がちょっと灰がかって見えるレベルの人もいます。
友達が実際そうでしたが、
多すぎれば気にするときりがないようで、
ちょっとの白髪くらいなら鼻で笑ってましたよ。(雰囲気的に)

白髪を隠す方法は?

ちょっと身だしなみを気にする年頃になってくると、
少しの白髪でも気になり始めますね。

白髪を実際に隠す方法としてはいくつかあります。

髪形を変える

分け目で目立つところに数本生えているくらいなら、
髪形を変えて分け目も変えましょう。

ヘアマニキュアをする

脱色しないで髪に色を入れるタイプの染髪剤なので、
ちょっと染まりにくいかもしれませんが、2度やると落ちにくくなります。

白髪隠しを使う

ブラシ上のものやスティックタイプでピンポイントで隠せます。

簡単に使えるのがこんなラインナップですね。
あまり目立たなければ、髪形を帰るくらいでいいと思います。

スポンサードリンク

白髪を予防改善したいなら

白髪が発生するメカニズムは
メラニンを生成して髪に色素を与えるメラノサイトの働きが弱くなって、
色素がない、いわゆる白髪と言うのが出来てきます。

白髪自体は色素が抜けただけで健康的な髪の成分となんら変わりはありません。

原因とされるのは加齢による老化やストレスなどが関わってくると考えられていますが、
しっかりした理由はまだ解明されていないようです。

有名な話では、
マリー・アントワネットが一晩で白髪になったと言う逸話が残っていますが、
過度のストレスによるものではないかと考えられていますね。

一般的に白髪にならないようにするには、
頭皮環境を整えて、健康的な生活をすることが一番だと考えられています。

頭皮をマッサージする

髪をとかすときに頭頂部に向かってかき上げるようにとかすことで、
頭皮をマッサージする効果があります。血流を良くするので栄養が届きやすくなりますし、
顔の皮膚とも繋がっているのでリフトアップの効果も見込めます。

髪に必要な栄養を取る

毛髪にいい栄養素は亜鉛や銅です。
ミネラルのバランスが崩れると毛乳頭の働きが悪くなるため、
これらの栄養素を取ることは白髪予防に深く関係があると言われています。
銅ミネラルがごまに多く含まれていますが、これだけ取っておけばいいというものではありません。
栄養素を吸収するには単体だけではうまくいきません。
さまざまな栄養素を十分に取ることで人の体は効率よく栄養を取り込むことが出来るのです。
ですから、全体的に健康的な食生活をする必要があります。

ストレスや過労を溜めない

寝不足や過労によっても、髪にダメージがあり抜け毛や白髪の出来やすい状態になります。
肌と同様に髪の毛のゴールデンタイムも22:00~2:00の間です。この時間帯に十分睡眠をとらないと、
血行が悪くなり、髪の毛の成長を妨げてしまうのです。

まとめ

経験的に、
友達に指摘されたりしても、ただ親切で言っているだけなので
周りがそんなに気にしていることはないです。

白髪は気になり始めるときりがないです。
それがストレスの原因ともなりかねないので、
あまり気にせずに気楽に対処してください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする